2017年12月18日

普段の不断の積み重ねなしに(早めのCLACLA)

 晴天。
 いいお天気、いい青空の一日。

 気温は少し上がったか。
 それでも、朝晩の冷え込みは厳しいが。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいませ。
 風邪など召しませんように。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 嫌なことは年内でおさめてしまえ。
 と思わないでもないが、森友学園問題や加計学園問題、沖縄の米軍基地の問題に増税問題等々、安倍首相一党の悪政愚策、因循姑息なやり口は来年になろうが厳しく追及されてしかるべきだ。
 なんでもかでも水に流せるものではない。


 目くらましの八百長猿芝居には絶対騙されまい。
 という言葉を、当方が毎日ここに記しているのは伊達や酔狂ではない。
 普段の不断の積み重ねなしに、物事の根本的な変化が起こり得ようはずがない。
 その場かぎり、十日も経てば忘れてしまうような問題意識では、「敵」(それは「人」とはかぎらない)の強固さ、ひつこさ、執拗さを打ち破ることはできまい。
(Twitterでは揶揄する形をとったけれど、築地静香さんの問いかけそのものは彼女にとって当為のものであろうし、そのこと自体に疑問も疑念もない。また、僕自身、様々な形で相手を傷つけたこともあり、その点を日々深く反省し続けてもいる。ただ、そうしたことと、演劇界に限って彼女が自分に相談して欲しいとTwitter上で呼びかけていることに関しては、話が別だ。まずもって彼女が反省すべき、そして当方もまた反省すべきなのは、事この問題にかかわらず、まるで京都小劇場のラウドスピーカーであるかの如く、他者から得た情報を平然と垂れ流してきたことにあるのではないか。そこが解消されないかぎり、他者から相談を受けるも何もないだろう)


 諸作業を進めて寝床に就くも、喫茶フィガロでコーラーを飲んだ=カフェインを摂取したため5時過ぎまで眠れず。

 で、アラームをセットし忘れて気がつけば10時過ぎ。
 ああ。

 午前中、YouTubeでエマニュエル・アイム指揮hr交響楽団他が演奏したヨハン・セバスティアン・バッハのマニフィカト、ヘンデルのオラトリオ『メサイア』からハレルヤ・コーラス(2017年12月1日、フランクフルト・センデザール)、ペーター・エトヴェシュ指揮hr交響楽団が演奏したモーツァルトの歌劇『後宮からの逃走』序曲、エトヴェシュの『モーツァルトとの対話-オーケストラのためのダカーポ』(同年12月8日、フランクフルト・アルテ・オーパー)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『冬の宿』を書き進めたりする。


 午後、NPO Radio4でエトヴェシュ指揮オランダ放送フィル他が演奏したヴァレーズのイオニザシオン、ストラヴィンスキーの交響詩『うぐいすの歌』とバレエ・カンタータ『結婚』、ブーレーズの『婚礼の顔』(2005年6月25日、アムステルダム・コンセルトヘボウ大ホール)、エトヴェシュ指揮オランダ放送室内管弦楽団他が演奏したヴァレーズのオフランド(1997年10月11日、同)、ヤン・ヴィレム・デ・フリエンド指揮ハーグ・レジデンティ管弦楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第5番、ガイ・ブラウンシュタインの独奏によるヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」、交響曲第35番「ハフナー」(2015年9月10日、同)、マルクス・ポシュナー指揮オランダ放送フィルが演奏したベートーヴェンの交響曲第7番(同年10月18日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、諏訪哲史の『岩塩の女王<新潮社>を読み始めたりする。


 まもなく外出の予定。
 10回目となる座錦湯なり。
 それじゃあ、行って来ます!
posted by figarok492na at 18:44| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。