2017年11月10日

ワンマンショーを愉しんで夕飯をすませてから帰宅した(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空の一日。

 気温はぐっと下がる。
 特に、朝晩の冷え込みが厳しい。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 安倍首相一党が無理無法を押し通し続けている。
 衆議院選挙に勝利はしたし、アメリカのトランプ大統領には追従追随しているし、こうなれば何も怖いものなし。
 マスメディアも基本的には己が味方。
 森友学園問題や加計学園問題もどこ吹く風。
 そのうちまたぞろ北朝鮮がミサイルを発射するだろう。
 そうなれば改憲も思うがままか。
 なんともかとも。
 度し難い。

 そういえば、TPPの発効に向けてアメリカを除く11カ国が大筋合意したという。
 いろいろと考えることあり。


 目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、NPO Radio4でパブロ・エラス=カサド指揮ロッテルダム・フィルが演奏したストラヴィンスキーのバレエ音楽『プルチネッラ』組曲、ソル・ガベッタの独奏によるハイドンのチェロ協奏曲第1番、ガベッタが弾いたフォーレの夢のあとに、プロコフィエフの交響曲第5番(2014年3月15日、ロッテルダム・デ・ドゥーレン)、OBCで岡村隆史のオールナイトニッポンを聴いたりしながら作業を進めたのち、3時半前に寝床に就く。


 9時過ぎに起きる。

 午前中、NPO Radio4で、レイフ・オヴェ・アンスネスとウラディーミル・ユロフスキ指揮ロンドン・フィルが演奏したブラームスのピアノ協奏曲第2番、ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」(2010年10月30日、ロンドン・ロイヤル・フェスティヴァルホール)、ヴァイオリンのヴェラ・ベスとハンス・フォンク指揮オランダ放送管弦楽団が演奏したベートーヴェンのロマンス第1番&第2番(1976年5月22日、ロッテルダム・デ・ドゥーレン)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『冬の宿』を書き進めたりする。


 午後、NPO Radio4でフォンク指揮オランダ放送管弦楽団が演奏したベートーヴェンのバレエ音楽『プロメテウスの創造物』抜粋とミサ曲ハ長調(同)を聴く。
 ちなみに、オランダ放送管弦楽団の本来の名称はOmroep Orkest〔放送管弦楽団〕で、便宜上オランダを付け加えた。
 フォンクが晩年率いたオランダ放送交響楽団の前身の一つであり、現在活動を続けるオランダ放送フィルとは別団体である。

 続けて、NHK・FMの『オペラ・ファンタスティカ』で、ヴォルフガング・サヴァリッシュ指揮バイエルン放送交響楽団他が演奏したリヒャルト・シュトラウスの歌劇『影のない女』全曲を聴く。

 さらに、NPO Radio4でブルーノ・ヴァイル指揮オランダ放送室内フィルが演奏したハイドンの交響曲第92番「オックスフォード」(2006年10月13日、フレデンブルク音楽センター)を聴く。
 実に明晰かつ快活な演奏で、とても聴き心地がよい。
 ヴァイルがこの曲や91番の交響曲、そしてザロモン・セットをターフェルムジークと録音しなかったことが本当に悔やまれてならない。


 18時台に外出し、買い物をすませてからK’s office-京都二条の館-へ。
 丸山交通公園ワンマンショー 新作ネタおろし公演その12を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
 ああ、面白かった!!

 終演後、丸山君や横山清正君と話をしたりする。

 その後、お客で来ていた親しい人と夕飯をすませ、23時少し前に帰宅する。


 帰宅後、NPO Radio4でハンス・フォンク指揮オランダ放送フィルが演奏したペーター・スハートの『アーチ・ミュージック・フォー・セントルイス』、ミシェル・ダルベルトの独奏によるラヴェルのピアノ協奏曲(2000年3月4日、アムステルダム・コンセルトヘボウ大ホール)を聴いたりしながら、丸山交通公園ワンマンショーの感想をアップしたり、雑件を片付けたりする。


 今日は、ワンマンショーの前にアンパンを食す。
 まあまあ、美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:55| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。