2017年11月02日

文具店や書店を回った(CLACLA日記)

 晴天が続く。
 いい天気、いい青空の一日。

 日中は気温も上昇する。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 第4次安倍内閣が発足した。
 全ての閣僚が留任したが、安倍首相や麻生副首相兼財務相が居座り続けているということ自体が大いなる悲劇である。
 巨視的に観れば喜劇であろうが、同じ時代を生きる人間としては、やはり悲劇としか言えない。
 もちろん、この悲劇は我々自身が生み出したものであって、そのことを心より反省する。

 そういえば、甘利明が自民党の行革本部長に就任するらしい。
 みそぎは済んだと宣っているそうだ。
 厚顔無恥の一語である。


 ニューヨークで自動車の暴走により8人が殺害された。
 愚劣下劣の徒に対しては大きな怒りを感じ、犠牲となった人たちには深く黙禱を捧げるが、中東やアフリカ等々で日々殺害されている人たちのことも考えざるを得ない。
 それにしても、どうしていつもタイミングよくテロが発生するのか。
 そして、どうしていつもタイミングよく北朝鮮はミサイルを発射するのか。
 北朝鮮のおかげ、という麻生副首相兼財務相の言葉がすぐに思い起こされてならない。


 目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、NPO Radio4でサイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルが演奏したハイドンの交響曲第99番、シュテファン・ドールの独奏による細川俊夫さんのホルン協奏曲「開花の時」、シューベルトの交響曲第8番「ザ・グレート」(2011年2月26日、アムステルダム・コンセルトヘボウ大ホール)、マーティン・ブラビンス指揮BBC交響楽団が演奏したマーク・シンプソンの『鏡−断章』、ティペットの交響曲第2番(2013年4月19日、バービカンセンターホール)を聴いたりしながら、羽田圭介の『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』<講談社>を読み進めたり、作業を進めたりしたのち、3時半頃寝床に就く。


 9時半に起きる。

 午前中、NPO Radio4でエド・デ・ワールト指揮オランダ放送フィルが演奏したベートーヴェンの交響曲第6番「田園」とブルックナーの交響曲第2番(1999年2月20日、アムステルダム・コンセルトヘボウ大ホール)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『冬の宿』を書き進めたりする。
 田園交響曲は、よい意味で田園田園していて、何も足さない何も引かないの極み。
 実に聴き心地がよかった。
 一方、ブルックナーの交響曲第2番も充実した演奏だった。


 午後、NPO Radio4でベルナルト・ハイティンク指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したベートーヴェンの劇音楽『エグモント』序曲(1984年3月29日、同)、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも木曜日』や『武田和歌子のぴたっと。』、NPO Radio4でヴァレリー・ゲルギエフ指揮ロッテルダム・フィルが演奏したグリンカの歌劇『ルスランとリュドミラ』序曲とチャイコフスキーの交響曲第5番(1987年10月31日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』を読み進めたりする。
 ゲルギエフの録音は、今からちょうど30年前のもの。
 まさしく一気呵成、とばし屋ゲルギエフの本領発揮だ。


 夕方になって外出し、文具店や書店で来年のダイアリー(スケジュール帳)を予約したり購入したりする。
 大手の使い勝手の悪い商品が棚にずらりと並んでいるのを目にして、本当にうんざりとした。
 その後、室町錦小路のローソンで買い物をし、京都芸術センターで用件を片付け、買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、NPO Radio4でラインベルト・デ・レーウ指揮ハーグ・レジデンティ管弦楽団が演奏したショスタコーヴィチの交響曲第9番(2013年5月11日、ハーグ・ドクター・アントン・フィリップザール)、マルク・アルブレヒト指揮ネーデルラント・フィルが演奏したデュカスの交響詩『魔法使いの弟子』とラヴェルの『ラ・ヴァルス』(2012年10月16日、同)、ベンジャミン・レヴィ指揮ヘルダーラント管弦楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第31番「パリ」(2013年3月31日、同)を聴いたりしながら、『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』を読み進めたり、雑件を片付けたりする。


 夕飯後、NPO Radio4でロベルト・ベンツィ指揮オランダ放送フィルが演奏したベルリオーズの序曲『ローマの謝肉祭』、ダニエル・ワイエンベルクのピアノ独奏によるダンディのフランス山人の歌による交響曲、バルトークの管弦楽のための協奏曲(1968年1月27日、同)、ジェイムズ・ガフィガン指揮ルツェルン交響楽団が演奏したメンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」(2013年1月6日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』を読了する。
 いろいろと考えさせられる。
 ああ、面白かった!!


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:48| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。