2017年10月12日

本を読み、小説を書き進めた一日(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気に。
 どうやら秋雨前線らしい。
 やれやれ。

 気温はだいぶん下がる。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 体調、今一つ。
 そして、両耳の不調も続く。


 衆院選。
 序盤の情勢調査で、自民党が堅調と報じられている。
 単独過半数を上回るとも。
 むろん、今後の選挙戦の展開如何では大きな変化が生まれるだろうとも思うが。
 いずれにしても、目先鼻先口先舌先の徒を支持するわけにはいかない。
 馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿だ。


 沖縄で在日米軍の輸送ヘリコプターが墜落炎上した。
 いろいろと考えることあり。


 北朝鮮がそろそろ動くのではないか。
 それとも、総選挙後か。
 本当に度し難い。


 目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、ストックホルム・コンサートホールのサイトでアラン・ギルバート指揮ロイヤル・ストックホルム・フィルが演奏したブルックナーの交響曲第8番(2014年4月、ストックホルム・フィルハーモニー・コンサートホール)、スロヴァキア・フィルハーモニックのサイトでエマニュエル・ヴィヨーム指揮スロヴァキア・フィルが演奏したマーラーの交響曲第9番(2015年1月23日、スロヴァキア・フィルハーモニー・コンサートホール)を聴いたりしながら作業を進めたのち、3時40分過ぎに寝床に就く。
 大曲中の大曲を2曲続けて聴いた。


 9時半に起きる。

 午前中、スロヴァキア・フィルハーモニックのサイトでペトル・アルトリヒテル指揮スロヴァキア・フィルが演奏したショスタコーヴィチの交響曲第8番(同年4月17日、同)、ペトロ・グリバノフ指揮スロヴァキア・フィルが演奏したラフマニノフの交響曲第2番(2013年10月25日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『冬の宿』を書き進めたり、いとうせいこうの『どんぶらこ』<河出書房新社>を読み進めたりする。


 午後、スロヴァキア・フィルハーモニックのサイトでイラン・ヴォルコフ指揮スロヴァキア・フィルが演奏したラフマニノフの交響曲第3番(2017年4月28日、同)、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも木曜日』、YouTubeでスタニスラフ・スクロヴァチェフスキ指揮hr交響楽団が演奏したショスタコーヴィチの交響曲第10番(2013年9月6日、フランクフルト・アルテオーパー)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『冬の宿』を書き進めたり、『どんぶらこ』を読み進めたりする。
 ほかに、短篇のシナリオのプロットについて考えたりもした。


 帰宅後、YouTubeでヤーツェク・カスプシク指揮ワルシャワ・フィルが演奏したブルックナーの交響曲第4番「ロマンティック」(2016年2月19日、ワルシャワ・フィルハーモニー・コンサートホール)を聴いたりしながら、『どんぶらこ』を読み進めたり、雑件を片付けたりする。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ベスト・オブ・クラシック』で、ベルリン古楽アカデミーの来日コンサートのライヴ録音(同年6月23日、トッパンホール)を聴く。

 続けて、YouTubeでカスプシク指揮ワルシャワ・フィルが演奏したラフマニノフの交響曲第2番(2015年12月12日、ワルシャワ・フィルハーモニー・コンサートホール)、ストックホルム・コンサートホールのサイトでサカリ・オラモ指揮ロイヤル・ストックホルム・フィルが演奏したチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」(同年11月、ストックホルム・コンサートホール)を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『冬の宿』を書き進めたりする。
 ほかに、短篇シナリオのプロットについて少し考え、『冬の蛍』という仮の題名を決める。


 『どんぶらこ』を読了する。
 これは読んでおいて正解の一冊だった。
 ああ、面白かった!!

 ほかに、小林信彦の『テレビの黄金時代』<文春文庫>の拾い読みもした。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:38| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。