2017年09月15日

2時間弱で目が醒めた(CLACLA日記)

 晴天。
 どんよりとした感じはありつつも。

 気温がだいぶん下がってきた。
 今年は秋が早くやって来そうだ。
 季節の変わり目、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。


 体調、今一つ。
 両耳の不調も続く。


 北朝鮮がまたぞろミサイルを発射した。
 こうやって戦時体制が醸成されていくのだ。
 本当に度し難い。

 それにしても、日本海沿岸の原子力発電所は今日も稼働を続けている。
 しかも、東京電力は柏崎刈羽原子力発電所の再稼働を押し進めている。
 おまけに、安倍首相はインドで原子力発電所の売り込みに勤しんでいる。
 なんともかとも。


 森友学園問題や加計学園問題はますますうやむやのままにされるだろう。
 おめでたい話である。


 目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、yleのサイトにアップされたルイ・ラングレ指揮フィンランド放送交響楽団が演奏したウェーベルンのパッサカリアとシューマンの交響曲第4番(2016年4月1日、ヘルシンキ音楽センター・コンサートホール)、SWRのサイトにアップされたミヒ・ガイック指揮オルフェオ・バロック・オーケストラが演奏したモーツァルトの交響曲第21番と第33番(2013年6月7日、シュヴェツィンゲン・ロココ劇場)を聴いたりしながら、『京都映画百景 等持院「はりま」』を書き進めたり、西田敏行の『役者人生、泣き笑い』<河出書房新社>を読み進めたりしたのち、3時少し前に寝床に就く。
 岡村隆史のオールナイトニッポンは、プチ歌謡祭企画だったためパス。


 3時少し過ぎに眠ったというのに、昨日カフェインを多めに摂ったせいか5時少し前には目が醒める。
 その後、結局寝直すことができず7時ちょうどに起きる。

 BR(バイエルン放送)のサイトにアップされたファンホ・メナ指揮バイエルン放送交響楽団が演奏したマーラーの交響曲第1番「巨人」(2017年6月16日、ヘラクレスザール)、ベルゲン・フィルのサイトにアップされたソプラノのサリー・マシューズとメナ指揮ベルゲン・フィルが演奏したマーラーの交響曲第4番(2015年4月16日、ベルゲン・グリーグホール)、日本テレビのサイトにアップされた下野竜也指揮読売日本交響楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」(2016年4月19日、サントリーホール大ホール)、YouTubeにアップされたフランソワ・グザヴィエ・ロト指揮ロンドン交響楽団が演奏したドビュッシーの牧神の午後への前奏曲(2017年4月23日、ロンドン・バー美観センター)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『京都映画百景 等持院「はりま」』を書き終えてブログや縦書き文庫等にアップしたり、『役者人生、泣き笑い』を読み進めたりする。

 8時台から、二つ隣の部屋の室内工事が行われていて、非常にかまびすしい。
 本来ならば昨日のうちに騒々しい作業は終わっていたはずが、急遽今日も追加されている。
 しかも、作業そのものに加え、ドアの開け閉めもやかましいかぎり。
 どうにも度し難し。


 11時台に食事をすませたあと、あまりの眠たさに正午過ぎからついつい昼寝をしてしまう。
 ただし、上述騒音に何度も起こされたが。


 午後、yleのサイトにアップされたダニエル・ブレンドゥルフ指揮フィンランド放送交響楽団が演奏したラヴェルのスペイン狂詩曲(2015年10月9日、ヘルシンキ音楽センター・コンサートホール)、ハンヌ・リントゥ指揮フィンランド放送交響楽団が演奏したコッコネンの交響曲第4番(2017年3月16日、同)、ポール・アグニュー指揮フィンランド放送交響楽団が演奏したハイドンの交響曲第85番「王妃」と『アルミーダ』抜粋(後者はソプラノのキャスリーン・ワトソンとアグニュー自身の独唱。2015年2月5日、同)を聴く。
 テノール歌手でレザール・フロリサンの指揮者でもあるアグニューはもちろんピリオド・スタイルを援用した演奏。
 ワトソンの伸びやかで艶やかで清澄な歌声も魅力的だ。
 また、なかなか接する機会のないコッコネンの交響曲を耳にすることができたのも収穫。


 仕事関係の作業を進めたり、『役者人生、泣き笑い』を読み進めたりする。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 帰宅後、鈴木雅明指揮タピオラ・シンフォニエッタが演奏したストラヴィンスキーの『プルチネッラ』組曲他<BIS>を聴いたりしながら、雑件を片付ける。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ベスト・オブ・クラシック』の特集「プロムス2017」で、シャルル・デュトワ指揮ロイヤル・フィルのコンサートのライヴ録音(2017年8月17日、ロンドン・ロイヤル・アルバートホール)を聴く。
 ステファニー・ドゥストラックのメゾ・ソプラノ独唱によるファリャの『恋は魔術師』ハイライト、ジョシュア・ベルのヴァイオリン独奏によすラロのスペイン交響曲、キャメロン・カーペンターのオルガン独奏によるサン・サーンスの交響曲第3番「オルガン付き」が演奏されていた。

 続けて、YouTubeにアップされたジュリアン・クエルティ指揮hr交響楽団が演奏したリムスキー=コルサコフの交響組曲『シェエラザード』(2015年1月16日、フランクフルト・アルテ・オーパー)、デトロイト交響楽団のサイトにアップされたカルロス・ミゲル・プリエト指揮デトロイト交響楽団が演奏したマルケスのダンソン・ヌメロ・ドス(2017年5月13日、デトロイト・オーケストラホール)を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたりする。


 『役者人生、泣き笑い』を読了する。
 ああ、面白かった。

 続けて、福田逸の『父・福田恆存』<文藝春秋>を読み始める。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:45| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。