2017年08月16日

豊中まで落語会を観聴きに行った(CLACLA日記)

 今夜は五山の送り火。
 が、こちらにはほとんど関係なし。


 どんよりとした感じはありつつも、青空の一日。
 天気予報では雨降りとなっていたが、結局降らなかった。

 気温は上昇し、暑さがとても厳しい。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 体調、今一つ。
 そして、両耳の不調も続く。


 米朝関係のおかげで、森友学園問題や加計学園問題がどこかへ行ってしまっている。
 もちろん、北朝鮮の動向は無視できるものではないが、だからと言って、全てをうやむやにしてよいものではあるまい。
 どだい、安倍内閣の本質は一切変わらないのだ。


 アメリカはアメリカで、トランプ大統領が低劣な言動を繰り返している。
 馬鹿につける薬はない。


 目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、YouTubeにアップされた稲川淳二の怪談(生き人形の話)、yleのサイトにアップされたピアノのヤン・リシエツキとハンヌ・リントゥ指揮フィンランド放送交響楽団が演奏したモーツァルトのピアノ協奏曲第9番「ジュノム」(2017年5月24日、ヘルシンキ音楽センター・コンサートホール)を聴いたりしながら作業を進めたのち、3時過ぎに寝床に就く。


 9時半に起きる。

 YouTubeにアップされたクリストフ・エッシェンバッハ指揮SWR交響楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第8番とモーツァルトのコンサート・ロンドイ長調(ツィモン・バルトの独奏。同年1月19日、シュトゥットガルト・リーダーハレ)、ディマ・スロボデニューク指揮SWR交響楽団が演奏したウェーバーの今ツェルト・シュトゥック(アレクセイ・ヴォロディンの独奏。2016年10月27日、同)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『ほそゆき』について考えたり、柴崎友香の『かわうそ堀怪談見習い』<角川書店>を読み進めたりする。


 正午少し前に外出し、阪急で曽根へ。
 行きがけ電車を乗り間違い、豊中から折り返す。
 で、豊中市立文化芸術センターの小ホールで、『豊中の天使の☆落語会』昼の部を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事(落語記録)をご参照のほど。
 ああ、面白かった!!!

 豊中市立文化芸術センター小ホールは、音楽的な音響はどうなのだろう。
 お囃子の際、月亭天使さんが吹いた笛はけっこう響いていたが。

 終演後、夕飯用の買い物をすませて18時少し前に帰宅する。


 帰宅後、落語記録をアップする。


 夕飯後、yleのサイトにアップされたロジャー・ノリントン指揮フィンランド放送交響楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第8番(2015年9月25日、ヘルシンキ音楽センター・コンサートホール)、オリ・ムストネンとハンヌ・リントゥ指揮フィンランド放送交響楽団が演奏したプロコフィエフのピアノ協奏曲第5番(2016年4月6日、同)、YouTubeにアップされた稲川淳二の怪談を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『ほそゆき』について考えたりする。


 『かわうそ堀怪談見習い』を読了する。
 ほかに、『上岡龍太郎かく語りき』<ちくま文庫>の拾い読みもした。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:37| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。