2017年08月12日

今年も、思い出す夏の日御巣鷹山の尾根と歌ってしまう(CLACLA日記)

 日航ジャンボ機123便の墜落事故から32年が経った。
 犠牲となった全ての方々に、深く、深く、深く、深く、深く黙禱。
 今年もまた、あの「不謹慎」な替え歌を歌いながら泣いてしまう。

 上を向いて歩いてたら飛行機落ちて行くよ
 思い出す夏の日御巣鷹山の尾根
 坂本九星の影に
 坂本九草葉の陰に

 悔しいなあ。


 世はお盆休み中か。
 朝から、近くのホテルの建設工事が微かにかまびすしいが。


 晴天。
 いい青空、いいお天気の一日。

 気温は今日も上昇し、暑さがとても厳しい。
 ただし、夕方頃には涼しげな風も吹いていた。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 愚行を繰り返す北朝鮮政府は本当に度し難い。
 そして、それに対して真っ向から強硬な姿勢を見せつけるアメリカ政府も本当に度し難い。
 いろいろと考えることあり。


 それでも安倍首相一党は日本海沿岸の原子力発電所を稼働させ続けるのだろうか。
 なんともかとも。


 目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、YouTubeにアップされたユッカ・ペッカ・サラステ指揮ケルンWDR交響楽団が演奏したチャイコフスキーの交響曲第5番(2017年3月10日、ケルン・フィルハーモニー)、デトロイト交響楽団のサイトにアップされたネーメ・ヤルヴィ指揮デトロイト交響楽団が演奏したブラームスの悲劇的序曲(2014年12月13日、デトロイト・オーケストラホール)、レナード・スラットキン指揮デトロイト交響楽団が演奏したブラームスの大学祝典序曲(2016年2月19日、同)、ハイドンの主題による変奏曲(同年2月28日、同)、セレナード第1番(同年2月21日、同)、ハンガリー舞曲第1番、第3番、第10番(同年2月12日、同)を聴いたりしながら、『ほそゆき』を書き進めてブログにアップしたり、作業を進めたりしたのち、4時近くになって寝床に就く。


 9時半に起きる。

 午前中、YouTubeにアップされたリボル・ペシェク指揮プラハ放送交響楽団が演奏したドヴォルザークの交響曲第8番(2014年12月1日、プラハ・ルドルフィヌム・ドヴォルザークホール)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『ほそゆき』を書き進めたりする。


 午後、デトロイト交響楽団のサイトにアップされたヤクブ・フルシャ指揮デトロイト交響楽団が演奏したヤナーチェクの『利口な女狐の物語』組曲、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番(ジョナサン・ビスの独奏)、シベリウスの交響曲第3番(2014年11月8日、デトロイト・オーケストラホール)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『ほそゆき』を書き進めてブログにアップしたり、小林エリカの『彼女は鏡の中を覗きこむ』<集英社>を読み進めたりする。
 ほかに、殿山泰司の『JAMJAM日記』<ちくま文庫>の拾い読みもした。


 17時過ぎに外出して、百万遍方面へ。
 身体のメンテナンスをすませる。
 ああ、すっきりした!!

 終了後、夕飯用の買い物をすませて19時過ぎに帰宅する。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『まろのSP日記 第17集 フランスの風・スタジオ集』を聴く。
 まろの愛称で知られるNHK交響楽団のコンサートマスター篠崎史紀の案内で、SP時代の録音をSPレコードで愉しむという特集番組の第17回目。
 今回は、フランス音楽の特集が組まれていた。

 続けて、YouTubeにアップされたディマ・スロボデニューク指揮ガリシア交響楽団が演奏したホルストの組曲『惑星』(2016年10月8日、ア・コルーニャ)を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進める。


 『彼女は鏡の中を覗きこむ』を読了する。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:42| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。