2017年08月10日

ネットでオーケストラの動画を存分に愉しむ(CLACLA日記)

 青空は見えつつも、どんよりとした感じも強し。
 夕方になって雨も降る。

 気温は今日も上昇し、暑さがとても厳しい。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 体調、今一つ。
 そして、両耳の不調も続く。


 国会の閉会中審査が開かれたが、安倍首相も稲田元防衛相も出席せず。
 しかも、閣僚等から繰り返されるのは寝腐れた言葉ばかり。
 丁寧もへったくれもありゃしない。
 自己防衛、欺瞞傲慢、ここに極まれりだ。
 目先鼻先口先舌先の徒は度し難い。


 目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、『ほそゆき』を書き進めたり、作業を進めたりしたのち、3時半過ぎに寝床に就く。
 途中、PCにちょっとした不具合が生じ、その復旧にしばらくとまどる。
 やれやれ。


 9時半に起きる。

 vimeoにアップされたマリオ・ヴェンツァゴ指揮エーテボリ交響楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第2番とブラームスのセレナード第2番(2017年3月23日、エーテボリ・コンサートホール)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『ほそゆき』を書き進めたりする。


 川本三郎の『物語の向こうに時代が見える』<春秋社>を読了し、浅田次郎の『帰郷』<集英社>を読み始める。


 午後、デトロイト交響楽団のサイトにアップされたレナード・スラットキン指揮デトロイト交響楽団が演奏したラヴェルの序曲『シェエラザード』、歌曲集『シェエラザード』と2つのヘブライの歌(メゾソプラノのイザベル・ドリュエの独唱。2015年4月17日、デトロイト・オーケストラホール)を聴く。

 続けて、NHK・FMの『特集ヨーロッパ夏の音楽祭2017』で、フィンランドのミッケリ音楽祭におけるヴァレリー・ゲルギエフ指揮サンクト・ペテルブルク・マリンスキー劇場管弦楽団のコンサートのライヴ録音(2017年7月6日、ミッケリ・マルッティ・タルヴェラホール)を聴く。
 チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番(アレクサンドル・トラーゼの独奏)と交響曲第6番「悲愴」が演奏されていた。

 さらに、マリアンヌ・クレバッサがマルク・ミンコフスキ指揮ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団の伴奏で歌った『オー、ボーイ!』<WARNER>、デトロイト交響楽団のサイトにアップされたハンス・グラーフ指揮デトロイト交響楽団が演奏したプロコフィエフの古典交響曲(2015年10月16日、デトロイト・オーケストラホール)を聴く。


 仕事関係の作業を進めたり、『帰郷』を読み進めたりする。
 ほかに、殿山泰司の『JAMJAM日記』<ちくま文庫>の拾い読みもした。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 帰宅後、ペーター・ダムとルドルフ・ケンペ指揮シュターツカペレ・ドレスデンが演奏したリヒャルト・シュトラウスのホルン協奏曲第1番&第2番<同>、デトロイト交響楽団のサイトにアップされたレナード・スラットキン指揮デトロイト交響楽団が演奏したモーツァルトの『魔笛』序曲(2015年4月25日、同)とベートーヴェンの『プロメテウスの創造物』序曲(2016年12月11日、同)を聴いたりしながら、雑件を片付ける。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ルビンシュタイン変奏曲』を聴く。

 続けて、BR(バイエルン放送)のサイトにアップされたヘルベルト・ブロムシュテット指揮バイエルン放送交響楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第4番とニールセンの交響曲第5番(2015年6月12日、ミュンヘン・ヘラクレスザール)を聴く。
 YouTubeをはじめ、公式アカウントがアップした動画だけでも相当な数になる。
 手元にCDがない曲も存分に愉しめて、嬉しいかぎりである。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『帰郷』を読み進めたりする。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:48| Comment(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。