2017年05月25日

第24次笑の内閣『日・韓・米 春のツレウヨまつり』韓国編

☆第24次笑の内閣『日・韓・米 春のツレウヨまつり』韓国編

 作・演出:高間響
 ドラマトゥルク:神田真直
 演出補佐:小原藍、吉岡ちひろ
(2017年5月24日14時開演の回/アトリエ劇研)


 二日続けて、第24次笑の内閣『日・韓・米 春のツレウヨまつり』。
 まずは、韓国編から観劇する。

 地域警察署の生活安全課の係長を父に持つ女子大生の彼氏が、中学時代の先輩の影響を受けて極端な思想にはまってしまい、近所のスーパーマーケットへ抗議活動に出向く…。
 という筋書きは日本編と共通しているが、登場人物その他をお隣韓国に移し替えてみせた点がまずもってミソだ。
 スーパーマーケットが招待する日本のアイドルがAKB48、といったあたりまでならネタばれもOKかな。
 細かいくすぐりばかりでなく、舞台があの光州事件の光州(クワンジュ)であったり、朴裕河の『帝国の慰安婦』が巧みに取り入れられていたりするのももちろん面白く興味深いが、それより何より、彼氏が「親北朝鮮」になってしまうところがこの韓国編の最大の肝だ。
 正直、苦心の跡もはっきりと見えていたが、あえて北朝鮮をもってくることで、右翼左翼どうこう以前にある思想信条を妄信することのグロテスクさが克明に描かれているように感じた。

 演者陣は、ちあきなおみもかくやと思わせる情念が渦巻いていたヒロイン役の九鬼そねみ(彼女の起用は卑怯ですらある)、ちゃらけていて薄ぺっらさが際立つ彼氏役の篠原涼、感情の起伏の激しいヒロインの父親の部下役チェサンは、韓流メロドラマもびっくりの熱演。
 ここぞという場面での熱の入りよう、台詞の語りようには、日本編以上につかこうへいの作品を想起して、ついでに諸江翔大朗演じるヒロインの父親(過剰上上)がそれこそ三浦洋一演じるくわえ煙草木村伝兵衛刑事に重なったほどだ。
 ただ、その分、平場のやり取りや笑いの仕掛けでは、若干空回りというか喰い込みの浅さを感じないでもなかった。
 そうした笑いのバランスを一手に引き受けて奮闘していたのが、スーパーの店長役丸山交通公園である。
 特に、次々に繰り出すアドリブには彼の気迫を感じながら大いに笑った。
 また、彼とペアを組んだヒロインのゼミ友役の黄木たこよも丸山君をしっかり受けて、おバカというより「猟奇的」な人物造形とあわせて彼女の賢しさ、頭の回転のよさを示していた。
 一方、髭だるマンは扇の要とはちょっと異なるけれど、基本線でぶれない演技を披瀝して芝居の一本の軸となっていた。
 ヒロインのゼミの教授を演じた福原由惟は健闘。
 説明台詞の多いこの役は改めて難しいと感じる。

 と、日本編は何味も違う韓国編を愉しみました。
 ああ、面白かった!!
posted by figarok492na at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック