2016年11月22日

錦湯劇場 第7回

☆毎週月曜 錦湯劇場 第7回

 出演:月亭太遊さん、笑福亭笑利さん、十手リンジン
 大喜利出演:ぷるーとさん
(2016年11月21日20時開演/錦湯)


 7回目となる「毎週恒例 錦湯劇場」は、支配人の月亭太遊さんに笑福亭笑利さん、十手リンジンと気心の知れた顔触れが集まった。

 で、8時を少し過ぎたあたりで太遊さんと笑利さんが登場し、スタートのトークが始まる。
 まずは笑利さんが落語界、落語家に関する鋭い持論を披歴し、太遊さんがそれに巧みに応じていくといった展開。
 さらに十手リンジンのお二人についてトークは移り、笑利さんの「十田って名前って」という言葉を口火に一層盛り上がる。

 と、さんざんアピールされたところで、十手リンジンのお二人が現われる。
 錦湯さんへは久しぶりの登場となる十手リンジンは、十田卓さん(客側から見て左側)と西手隼人さん(同右側)の漫才コンビ。
 奈良の住みます芸人として県内で活動するとともに、太遊さんとも独自の企画を開催してきた。
 お二人ともにスポーツマンという十手リンジンの持ち味は、やはりエネルギッシュな表現と抜群の運動神経だが、昨夜も「教科書に載るような存在になりたいという西手さんの要望に、ならばそういう具合に授業をやってみましょうと十田さんが応じてみせる」お得意のネタを、隙を感じさせないやり取りでもってスピーディーに演じ上げた。
 いやあ、おかしかった。

 続いては、笑利さんが高座へ。
 実は12月13日に恵文社一乗寺店cottageで開催予定の『独利-HITORI-』(2回目)の告知が本来の目的だったのだけれど、もちろんそれだけでは終わらない。
 笑利さん流儀の話を、間合いの良さと演じ分けの巧みさで語ってしっかり笑いを生んでいた。
 『独利-HITORI-』では、そうした笑利さんの魅力がさらに発揮されるはずで、こちらのほうも皆さんぜひ!

 トリは、太遊さん。
 最近の太遊さんの意志、志向に沿ってだろう、あえてネタを演じることはなく、前回お休みだった際のあらましなどをコンパクトにまとめて語って笑いを誘っていた。
 そして、そうした太遊さんの姿勢に、錦湯劇場の常連として、またジャンルは違えど同じく表現する者として、いろいろと刺激を受けたり考えさせられたりもした。

 ちょっとしたトークコーナーを挟んで、最後は太遊さんの仕切りの下、作家の桜井さん考案のお題に挑んでいくという大喜利が行われる。
 笑利さん、十手リンジンの大喜利といえば、今年3月14日のネオ落語・セントラル第22回の機智guy合戦が強く印象に残っているが、昨夜も十田さんがコンスタントに解答してヒットを重ねる一方、笑利さんが機智guyぶりを如何なく発揮し、西手さんが独特の世界で〆るという壊れかけの大喜利、ならぬ壊れ切った大喜利を再現していた。
 特に、こういうファンタジー世界(テーマパーク)は…というお題での、笑利さんの「そーゆーおじさん」連発には大笑いしたし、西手さんの奇妙奇天烈な人物造形(イラスト)にはときに笑いを通り越してある種の恐怖すら覚えたほどだった。
 一方、大喜利連のぷるーとさんも、そうしたきれきれの面々に伍して善戦していたと思う。
 もちろん、こうしたフリーダムな人々を差配して筋道をつけた太遊さんの仕切りも忘れてはなるまい。

 と、刺激に満ち満ちた回でした。
 毎週盛りだくさんの錦湯劇場に皆さんもぜひ!
 未体験の方は特にお薦めです。
 ああ、面白かった!!
posted by figarok492na at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語・ネオ落語記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック