2016年11月15日

骨折り損のくたびれ儲けにならなくてよかった(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気から青空の見えるお天気へ。
 夕方、雲間から見える月を微かに拝むことができた。

 気温は上昇する。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 特に、風邪など召しませんように。


 両耳の不調が続く。


 安倍内閣が、南スーダンPKOにおける自衛隊の駆けつけ警護の閣議決定した。
 いろいろと考えることあり。

 参議院では、TPPに関する審議が続く。
 安倍内閣、自公与党並びに癒党はTPPを推し進めようとしている。
 自由貿易自由貿易と繰り返すあたりも含めて、どうにも胡散臭くきな臭い。
 そういえば、ニュージランドの国会がTPP関連法案を通過させたらしい。

 そのニュージーランドでは大規模な地震が起きた。

 今上天皇(明仁天皇)の生前退位に関するヒアリングの概要が、今日の朝日新聞朝刊に掲載されている。
 目先口先鼻先舌先の徒は本当に度し難い。
 こういう連中が率先して愛国だとかなんだとかを口にするのだから、恥知らずもよいところだ。


 昨夜、19時過ぎに外出して錦湯さんへ。
 6回目となる「毎週月曜 錦湯劇場」を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事(落語記録)をご参照のほど。

 終了後、交流会に参加し、軽めの夕飯をとって帰宅する。

 帰宅後、イーヴォ・ポゴレリチが弾いたドメニコ・スカルラッティのソナタ集<ドイツ・グラモフォン>を聴いたりしながら作業を進め、3時50分過ぎに寝床に就く。


 7時頃起きる。

 午前中、ブルーノ・ヴァイル指揮ターフェルムジークが演奏したモーツァルトの交響曲第40番&第41番「ジュピター」<DHM>とハイドンの交響曲第83番&第84番、第88番「V字」〜第90番<ともにSONY>を聴いたりしながら、落語記録を投稿したり、仕事関係の作業を進めたりする。


 午後、ジョン・バルビローリ指揮ベルリン・フィルが演奏したマーラーの交響曲第9番<EMI>、マルタ・アルゲリッチとアレクサンドル・ヴェデルニコフ指揮スイス・イタリア管弦楽団他が演奏したショスタコーヴィチのピアノ協奏曲第1番他<同>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『さよふけて』を書き進めたり、梅原季哉の『ポーランドに殉じた禅僧 梅田良忠』<平凡社>を読み進めたりする。
 『さよふけて』は、原稿用紙に換算して51枚分を超えた。


 17時台に外出し、寺町まで出るも目的の物を見つけることはできず。
 で、夕飯用の買い物をすませる。
 その後、三条商店街を経てようやく目的の物を購入することができた。
 骨折り損のくたびれ儲けにならなくてよかった。


 帰宅後、雑件を片付ける。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ベスト・オブ・クラシック』を聴く。
 声楽勢が出演した公開収録が放送されていた。

 続けて、ネルソン・フレイレが弾いたショパンの練習曲集作品番号10、舟唄、ピアノ・ソナタ第2番とリストのピアノ作品集<ともにDECCA>を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『ポーランドに殉じた禅僧 梅田良忠』を読み進めたりする。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック