2016年11月08日

荒戸源次郎が亡くなった(CLACLA日記)

 映画プロデューサーで映画監督の荒戸源次郎が亡くなった。70歳。
 長崎県の出身で、唐十郎の状況劇場を経て劇団天象儀館を結成する。
 その傍ら映画とも深く関わり、鈴木清順監督の『ツィゴイネルワイゼン』を製作し、以後阪本順二監督の『どついたるねん』や鈴木監督の『陽炎座』なども手掛けた。
 一方、『ファザーファッカー』や『赤目四十八瀧心中未遂』、『人間失格』を監督した。
 また、俳優としても活動した。
 深く、深く、深く黙祷。


 どんよりとしたお天気の一日。
 夕方になって、強い雨降りとなる。

 気温は少し上昇したか。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 特に、風邪など召しませんように。


 気圧と湿度のWパンチ。
 そして、両耳の不調が続く。


 TPPの衆議院通過は明日以降に持ち越された。
 それでも、安倍内閣、自公与党ならびに癒党はTPPをがむしゃらに推し進めようとしている。
 目先鼻先口先舌先の連中は、本当に信用がならない。


 博多駅前で大規模な陥没が発生する。
 原因は、地下鉄工事とのこと。
 犠牲者が出なかったそうで、そのことだけは何よりだ。


 アメリカ大統領選挙の結果や如何。
 まあ、どちらがなってもろくなことにはなりそうにないが。


 目くらましの八百長猿芝居には絶対に騙されまい。


 昨夜、19時過ぎに外出して錦湯さんへ。
 5回目となる「毎週月曜 錦湯劇場」を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
 ああ、面白かった!!

 終了後、交流会に参加する。
 ゲストのラショウさんと太遊さんに加え、ラショウさんのファンの方なども参加して、いつも以上に密度の濃い交流会となった。
 こうやって様々なジャンルの方々と交流できるのは、実にありがたい。

 その後、遅めの夕飯をすませて帰宅。
 バリトンのクリスティアン・ゲルハーヘルがフライブルク・バロック・オーケストラの伴奏で歌ったモーツァルトのオペラ・アリア集<SONY/BMG>を聴いたりしながら作業を進め、4時に寝床に就く。


 9時少し前に起きる。

 午前中、アントネッロ・マナコルダ指揮カンマーアカデミー・ポツダムが演奏したメンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」&第1番<同>、トーマス・ヘンゲルブロック指揮ハンブルクNDR交響楽団が演奏したシューベルトの交響曲第8番「ザ・グレート」とメンデルスゾーンの交響曲第1番&シューマンの交響曲第4番他<同>を聴いたりしながら、錦湯劇場の感想を投稿したり、仕事関係の作業を進めたりする。


 午後、クリスティアン・ベンダ指揮スイス・イタリア管弦楽団他が演奏したカセッラの管弦楽曲集<NAXOS>、アンソニー・ハルステッド指揮ウプサラ管弦楽団が演奏したルーマンのドロットニングホルム宮殿の音楽<同>、ケヴィン・マロン指揮アレイディア・アンサンブルが演奏したヘンデルの王宮の花火の音楽<同>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『さよふけて』を書き進めたり、中村文則の『あなたが消えた夜に』<毎日新聞出版>を読み始めたりする。
 『さよふけて』は、原稿用紙に換算して24枚分を超えた。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 帰宅後、ニコラウス・アーノンクール指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団が演奏したハイドンの交響曲第103番「太鼓連打」&第104番「ロンドン」<TELDEC>を聴いたりしながら、『さよふけて』を書き進めたり、雑件を片付けたりする。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMで日本音楽コンクール・オーボエ部門の本選会のライヴ録音を聴く。

 続けて、テオドール・クルレンツィス指揮ムジカ・エテルナ他が演奏したモーツァルトの歌劇『ドン・ジョヴァンニ』(第2幕途中まで)<SONY/BMG>を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『あなたが消えた夜に』を読み進めたりする。
 『あなたが消えた夜に』は、実に面白し。


 今日も、甘いものは食さず。


 今日の朝日新聞朝刊の京都欄で、「文化庁京都移転・私たちができること推進チーム」にNPO法人劇研の杉山準さんが加わっていることを知った。
 のど自慢など、年末までのアトリエ劇研の公演予定を目にして、ふと杉山さんはどうされているかな、お元気かなと思った矢先のことだ。
 いずれにしても、誠におめでたい話である。
 今後の行方を注視していきたい。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック