2016年10月25日

どんよりとしたお天気の一日(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気の一日。
 雨も降る。

 気温はあまり上昇せず、じめ寒い。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 特に、風邪など召しませんように。


 気圧と湿度のWパンチ。
 そして、両耳の不調が続く。


 日曜日の衆議院選挙の補選は、結局自民党が2勝した。
 やはり、民進党は解体してしまったほうがよいのではないか。
 正直、この政党(の幹部連)は本気で自公与党体制を倒そうなどとは思っていないように感じられてならない。


 与党に加え癒党がTPPを推し進めようとしている。
 もうそれだけで胡散臭くきな臭い。


 目くらましの八百長猿芝居には、絶対騙されまい。


 昨夜、19時過ぎに外出して錦湯さんへ。
 3回目となる「毎週月曜 錦湯劇場」を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事(ネオ落語記録)をご参照のほど。
 ああ、面白かった!!

 終了後、交流会に参加したあと遅めの夕食をすませ、さらにいろいろとあって帰宅が遅くなる。

 で、諸々作業をすませ、4時過ぎに寝床に就く。


 9時少し前に起きる。

 午前中、ボザール・トリオが演奏したアレンスキーのピアノ3重奏曲第1番&第2番<PHILIPS>、マリス・ヤンソンス指揮ロンドン・フィルが演奏したリムスキー=コルサコフの交響組曲『シェエラザード』&スペイン奇想曲<EMI>を聴いたりしながら、ネオ落語記録を投稿したり、仕事関係の作業を進めたりする。

 11時台に外出して、仕事関係の用件を片付ける。


 午後、アントネッロ・マナコルダ指揮カンマーアカデミー・ポツダムが演奏したメンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」&第1番<SONY/BMG>とシューベルトの交響曲第3番&第7番「未完成」、第5番&第6番、第8番「ザ・グレート」<いずれも同>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、戸田学の『上方落語黄金時代』<岩波書店>を読み進めたりする。


 夕方になって再び外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 帰宅後、アレンスキーのピアノ3重奏曲集を聴いたりしながら、雑件を片付ける。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ベスト・オブ・クラシック』で、ドイツの管楽5重奏団・マーロット5重奏団のコンサートのライヴ録音(2015年4月15日、ドイツ・ノイス・ツォイクハウス)を聴く。
 ドヴォルザークのスラヴ舞曲集からやピアソラ、スコット・ジョプリンの作品、メンデルスゾーンの『夏の夜の夢』の抜粋などが演奏されていた。

 続けて、リムスキー=コルサコフの交響組曲『シェエラザード』&スペイン奇想曲やウラディーミル・アシュケナージさん指揮ロイヤル・フィルが演奏したショスタコーヴィチの交響曲第6番<DECCA>を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『御神酒徳利』を読み返したり、『上方漫才黄金時代』を読み進めたりする。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック