2016年08月24日

クリスティアン・ゲルハーヘルの来日公演が中止となった(CLACLA日記)

 どんよりとした感じはありつつも、青空が続く。

 夕方以降は少し涼しくなってはきたが、それでもまだまだ暑さが厳しい。
 暑い暑い暑い暑い。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 特に、熱中症にはお気をつけのほど。


 両耳の不調が続く。
 そして、目の疲れがひどく身体が重たい。


 イタリア中部で大規模な地震が発生する。
 犠牲となった方々に、深く、深く、深く、深く、深く黙祷。
 そして、これ以上犠牲となられる方が増えないことを心より願う。


 北朝鮮がまたぞろミサイルを発射した。
 本当に度し難し。
 そして、いつものことながらタイミングのよさを痛感する。


 民進党の代表選に前原誠司が出馬の方向と。
 もういいかげんにしてはどうか。
 もとより期待はしていないが、あまりにもあまりである。


 目くらましの八百長猿芝居が横行している。
 騙されまい。


 昨夕17時台に外出していくつか用件を片付けたのち、恵文社一乗寺店COTTAGEへ。
 笑福亭笑利さんの独演会「独利-HITORI-」を愉しむ。
 詳しくは前回の記事(落語記録)をご参照のほど。
 ああ、面白かった!!

 終了後、一時夕食難民となったのち、百万遍のハイライトで夕飯をすませて22時台に帰宅する。


 帰宅後、カルミナ・カルテットが演奏したドヴォルザークの弦楽4重奏曲第12番「アメリカ」<SONY/BMG>、カティア・ブニアティシヴィリが弾いたピアノ小品集『マザーランド』<同>を聴いたりしながら、落語記録を投稿したり、諸作業を進めたりする。


 2時少し前に外出するも6時台に目が醒め、7時過ぎに起きる。

 午前中、エサ・ペッカ・サロネン指揮ロスアンジェルス・フィルが演奏したバーナード・ハーマンの映画音楽集<SONY>、リカルド・ムーティ指揮ミラノ・スカラ・フィルが演奏したニーノ・ロータの映画音楽集<同>、グレン・グールドが弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタ第16番〜第18番<SONY/BMG>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『痾紅毛日記』の筆入れを進めたりする。


 午後、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも水曜日』や、トーマス・ヘンゲルブロック指揮ハンブルクNDR交響楽団が演奏したシューベルトの交響曲第8番「ザ・グレート」<同>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、畑野智美の『ふたつの星とタイムマシン』<集英社>を読み進めたりする。


 夕方になって外出し、仕事関係の用件を片付ける。
 その後、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、フェルディナント・ライトナー指揮バイエルン放送交響楽団が演奏したモーツァルトの交響曲第36番「リンツ」&第31番「パリ」、『レ・プティ・リアン』序曲<タワーレコード/ドイツ・グラモフォン>を聴いたりしながら、雑件を片付けたり身体のメンテナンスの予約をしたりする。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、トッパンホール室内楽フェスティバルのライヴ録音(2016年5月19日、トッパンホール)を聴く。
 モーツァルトのピアノ4重奏曲ト短調K.478、ベルク(ハイメ・ミュラー編曲)の弦楽6重奏曲、シューベルトのピアノ3重奏曲第1番などが放送されていた。

 続けて、バーナード・ハーマンの映画音楽集を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進める。


 『ふたつの星とタイムマシン』を読了する。
 SF的な味付けはありつつも、基本となるのは人と人との関係。
 ほっとするような短篇集だ。
 ああ、面白かった!


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 10月のクリスティアン・ゲルハーヘルの来日公演が中止となった。
 せっかくチケットを買っておいたのに。
 それも、案外いい席を手に入れることができたのに。
 残念無念。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック