2016年08月23日

まもなく外出して、笑福亭笑利さんの独演会「独利」なり(早めのCLACLA)

 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 気温は今日も上昇し、暑さがとても厳しい。
 暑い暑い暑い暑い。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 特に、熱中症にはお気をつけのほど。


 両耳の不調が続く。


 昨夜、19時少し前に外出する。
 外出してすぐに以前お世話になった大阪交響楽団の楽団員の方に遭遇して、少しお話をうかがう。
 久しぶりに大阪交響楽団のコンサートに足を運んでみたいな。
 外山雄三さんが指揮するコンサートその他。

 で、いくつか用件を片付けてから錦湯さんへ。
 44回目となるネオ落語・セントラルを愉しむ。
 詳しくは、前回の記事(ネオ落語記録)をご参照のほど。

 交流会に参加したあと、寺町のサイゼリアで遅めの夕食をすませ、1時台に帰宅する。


 3時過ぎに寝床に就き、8時少し前に起きる。

 午前中、エサ・ペッカ・サロネン指揮ロスアンジェルス・フィルが演奏したバーナード・ハーマンの映画音楽集<SONY>、リカルド・ムーティ指揮ミラノ・スカラ・フィルが演奏したニーノ・ロータの映画音楽集<同>、グレン・グールドが弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタ第5番〜第7番<SONY/BMG>を聴いたりしながら、ネオ落語記録を投稿したり、『痾紅毛日記』の筆入れを進めたりする。


 午後、ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』や、ニコラウス・アーノンクール指揮コンツェントゥス・ムジクス・ウィーンが演奏したハイドンの交響曲第30番「アレルヤ」&第53番「帝国」&第69番「ラウドン」とスターバト・マーテル<ともにTELDEC>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 宮下遼の『無名亭の夜』<講談社>を読了する。
 まさしく「物語」であった。
 ああ、面白かった!

 続けて、畑野智美の『ふたつの星とタイムマシン』<集英社>を読み始める。


 まもなく外出して、恵文社一乗寺店COTTAGEまで。
 笑福亭笑利さんの独演会「独利」。
 とても愉しみなり。
 それじゃあ、行って来ます!
posted by figarok492na at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック