2016年08月18日

急な予定が入った(深夜のCLACLA)

 晴天が続く。
 どんよりとした感じはありつつも。

 気温はまだまだ上昇し、暑さが厳しい。
 暑い暑い暑い暑い。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 特に、熱中症にはお気をつけのほど。


 両耳の不調が続く。


 今日も今日とて、目くらましの八百長猿芝居が横行している。
 騙されまい。
 そうそう、東京都知事選期間中の鳥越騒動はどこへ行ったのだろうか?
 そして、小池新都知事の金銭問題はいつ報道されるのだろうか?
 なんとも不思議な話だ。


 昨夜、24時50分に寝床に就き、6時40分過ぎに起きる。


 7時15分頃から、KBS京都の『笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ』に作道雄君が電話出演して、監督脚本を務める新しい映画について語っていた。


 午前中、エサ・ペッカ・サロネン指揮ロスアンジェルス・フィルが演奏したバーナード・ハーマンの映画音楽集<SONY>、リカルド・ムーティ指揮ミラノ・スカラ・フィルが演奏したニーノ・ロータの映画音楽集<同>、モッツァフィアートが演奏したベートーヴェンの管楽合奏のための作品集<同>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『痾紅毛日記』の筆入れを行ったりする。


 午後、ラルキブデッリが演奏したベートーヴェンの6重奏曲&クロイツェル・ソナタによる弦楽5重奏曲他<同>、ナチュラルホルンのアブ・コスターとラルキブデッリ他が演奏したハイドンのホルンと弦楽器のための作品集<同>、ブルーノ・ヴァイル指揮ターフェルムジークが演奏した同じくハイドンの交響曲第50番、第64番、第65番<同>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『痾紅毛日記』の打ち直しを行ったりする。


 町田康の『ギケイキ』<河出書房新社>を読了する。
 面白かったが、ここで終わりという感じも。

 続けて、重松清の『赤ヘル1975』<講談社>を読み始める。


 17時台に外出して、仕事関係の用件を片付け、買い物をし、大垣書店四条店で『ぶらあぼ』9月号を入手し、京都芸術センターに寄る。

 急な予定が入ったため、いったん帰宅後、再び外出。
 予定をすませる。
 いろいろと考えることあり。


 22時半過ぎに帰宅して、遅めの夕飯をすませる。


 以上、8月17日の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック