2016年08月04日

今日も寺町へ(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 今日も気温が上昇し、暑さがとてつもなく厳しい。
 暑い暑い暑い暑い。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。
 特に、熱中症にはお気をつけのほど。


 両耳の不調が続く。


 安倍首相が小池新東京都知事と会談したと。
 八百長猿芝居の極みだ。


 東京オリンピックの追加競技として、野球・ソフトボール、空手。サーフィン、スケートボード、スポーツクライミングの5競技が正式に選ばれた。
 丸川新五輪担当相は、野球・ソフトボールの福島での競技を希望しているとのことだが、なんともかともである。
(丸川珠代が初めて言い出したことではないが)
 てか、そもそも東京オリンピックなど辞めてしまえばよいのだ。
 馬鹿らしい。


 昨夜、24時50分頃に寝床に就き、7時に起きる。


 午前中、オーボエのダグラス・ボイドとピアノのマリア・ジョアン・ピリスが演奏したシューマンのオーボエとピアノのための作品集<ドイツ・グラモフォン>、ピリスが弾いたシューマンのピアノ作品集<同>、チョン・ミュンフン指揮ウィーン・フィルが演奏したドヴォルザークの交響曲第6番&第8番<同>、アンドレ・プレヴィン指揮ウィーン・フィルが演奏したリヒャルト・シュトラウスの『ばらの騎士』組曲と『カプリッチョ』から序奏&月の光の音楽<同>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『痾紅毛日記』を書き進めたりする。
 『痾紅毛日記』は、原稿用紙に換算して102枚分を超えた。


 午後、仕事関係の予定をすませる。

 その後、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも木曜日』(途中から)や、タカーチュ・カルテット他が演奏したシューベルトの弦楽4重奏曲第15番他<DECCA>、バリトンのボー・スコウフスがヘルムート・ドイチュのピアノ伴奏で歌った同じくシューベルトの歌曲集『白鳥の歌』他<SONY>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、木内昇の『よこまち余話』<中央公論新社>を読み進めたりする。
 ほかに、岩城宏之の『音の影』<文春文庫>の拾い読みもした。


 夕方になって外出し、寺町通で用件を片付け、ついでにAvisをのぞいたり、京都芸術センターに寄り、夕飯用の買い物をすませて帰宅した。


 帰宅後、グレン・グールドが弾いたモーツァルトのピアノ・ソナタ第10番&第13番<SONY/BMG>を聴いたりしながら、雑件を片付ける。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ベスト・オブ・クラシック』を聴く。
 特集「N響と共演したソリストたち」の四日目で、ソプラノのケイト・ロイヤルとディエゴ・マテアスの指揮によるマーラーのリュッケルトの詩による5つの歌曲、ピアノのゲアハルト・オピッツとネヴィル・マリナー指揮によるモーツァルトのピアノ協奏曲第24番、ピアノのルーカス・ゲニューシャスとトゥガン・ソヒエフ指揮によるラフマニノフのピアノ協奏曲第2番などのライヴ録音が放送されていた。

 続けて、フォルテピアノのメルヴィン・タンが弾いたシューベルトの即興曲集とピアノ・ソナタ第21番<ともにEMI>を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進める。


 『よこまち余話』を読了する。
 木内昇の作品は、やはりしっくりくる。
 こういう作品を書きたいと強く思う。
 ああ、面白かった!


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック