2016年04月15日

犬神家の末裔 第14回

*犬神家の末裔 第14回

 そこまで一息に打ち込んで、早百合は手を止めた。
 書かなければという意欲はあるものの、気ばかりが急いて、言葉が生きたものにはなっていない。
 『犬神家の一族』と実際の戌神家の違いを説明する部分は必要だが、もっとこなれた文章にしていかなければと早百合は思った。
 それに、手持ちの文献や資料だけでは書ける内容も限られてくる。

「早百合ちゃん、ちょっとよか」
 叔母の美穂子が声をかけた。
「はい」
 ノートパソコンの電源を切って自分用の部屋を出ると、早百合はキッチンに向かった。
「よかったら、お茶でもどがんね」
 テーブルの上には、カステラの載った皿とほうじ茶の入った湯呑みが二人分用意されていた。
「カステラ、福砂屋の」
「そがんよ。姉さんと食べようと思うとったと。ばってん、あがんことにならしたもんやけん」
 早百合の母と美穂子とでは、十五以上も歳が離れている。
 東京で育った母とは異なり、幼稚園以降長崎市内で暮らし続けてきた美穂子は、長崎の訛りが抜けない。
 そんな彼女のことを母は、美穂子は九州の人だからとよく口にしていた。
「おばさんのおかげで本当に助かりました」
「なんば言いよっとね。私はたあだ石坂浩二に会いたかけん、遊びに来ただけたい」
 そこで美穂子はほうじ茶を啜ると、
「さあ、早百合ちゃんも食べんね」
と続けた。
「はい」
「姉さんもこいからが大変たいね」
 美穂子は大きなため息を吐くと、フォークに突き刺さったカステラの塊を口に運んだ。
「ああ、美味しか」
 早百合は小さく頷くと、マホガニー製の戸棚に視線を移した。
 隙がないというか、これまでは神経質なほどに整然と収納されていたはずの食器類が、微妙にずれて重ねられていた。
「早百合ちゃんはこっちに戻ってくっとね」
「少なくともしばらくは」
「そいば聞いて私も一安心たい。近くに立派な病院があるて言うても、やっぱり一人暮らしじゃなんかあったときが心配かけんね」
 戌神家の邸宅は、なす市民総合病院が建設される際に全てが取り壊され、改めて新たな家屋が建てられた。
 だが、早百合が高校を卒業するまで過ごしたその家屋も、父の死の数年後に六階建てのマンションに建て替えられ、それ以来、最上階の二部屋分のスペースに母は一人で暮らしている。
「姉さんも早百合ちゃんが頼りたい。なんて言うたって、最後は血よ。血は水より濃かとよ」
 そう言い切った美穂子は、もう一度カステラの塊を口に運んだ。
posted by figarok492na at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬神家の末裔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック