2016年03月12日

とても充実した一日だった!(CLACLA日記)

 どんよりとした感じはあるものの、青空も見えるお天気。
 澄んだ夜空の細い月が美しかった。

 気温は今日も上昇せず。
 寒さを強く感じる。
 皆さん、くれぐれもインフルエンザや風邪などにはお気をつけくださいね。


 それでも花粉は飛んでいる。
 目の周りがしばしばし、咳込みが続く。
 やれやれ。


 昨夜、NHKのラジオ深夜便を聴きながら作業を進めたのち、2時台に寝床に就く。
 昨日の日記で記したように、生活サイクルを朝型に変えるため。


 で、7時少し前に目醒め、雑件を片付ける。

 午前中、フラウト・トラヴェルソの有田正広とボッケリーニ・クヮルテット・メンバーが演奏したモーツァルトのフルート4重奏曲集<DENON>、フラウト・トラヴェルソのクリスティアン・グルトナーとマーティン・ハーゼルベック指揮ウィーン・アカデミーが演奏した同じくモーツァルトのフルート協奏曲第2番<Novalis>、ピエール・ブーレーズ指揮ウィーン・フィルが演奏したマーラーの交響曲第6番「悲劇的」<ドイツ・グラモフォン>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『御神酒徳利』を書き進めたり、三浦しをんの『お友だちからお願いします』<大和書房>を読み進めたりする。
 『御神酒徳利』は、原稿用紙に換算して111枚を超えた。
 「資料分析」の部分のため、実際に起こった出来事から何を抜き取るかを考えつつ、書き進める。


 12時半頃外出し、京都コンサートホールへ。
 高関健指揮の京都市交響楽団第599回定期演奏会を聴く。
 詳しくは、前回の記事(コンサート記録)をご参照のほど。
 ああ、素晴らしかった!

 開演前終演後、かつてお世話になった方々と話をしたり、挨拶をしたりする。


 終演後のレセプションを少しのぞいたのち、アトリエ劇研近くのレ・ブレドオルで買い物をし(ネオ落語の常連さんと少しだけ話する。

 その後、京都大学ルネのカフェでコンサート記録の下書きをしたり、『お友だちからお願いします』を読み進めたりしてから、身体のメンテナンスをすませる。
 ああ、すっきりした!

 で、外で夕飯をすませ、寺町の業務スーパーでお米(10キロ)などを買ってから、20時50分頃帰宅した。


 帰宅後、NHK・FMの『クラシックの迷宮』を聴いたりしながら、コンサート記録を投稿したり、雑件を片付けたりする。
 『クラシックの迷宮』は、年度末ということで「さよならの音楽」の特集。
 『グッドバイ』に始まり、ハイドンの告別交響曲の終楽章(鈴木秀美指揮とヘルマン・シェルヘン指揮の2種類)やクルト・ヴァイルの交響曲第2番等、片山杜秀らしい選曲を重ねたのち、再び『グッドバイ』で終わった。
 もしかして、番組が終わるってことはないよね。


 今日は、バナナやヨーグルトを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 とても充実した一日だった!



 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック