2016年02月28日

落語を愉しみ、『御神酒徳利』を書き進めた(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空へ。

 気温も上昇し、穏やかな感じの一日となる。
 その分、花粉の勢いも増してきたが。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 昨日夕方外出し、阪急で堺筋本町へ。
 で、堺筋本町の駅と直結した商業ビル、船場センタービル2号館地下2階ジョイ船場50内の船場寄席で開催された、第0回つくるクラブvol.1を愉しむ。
 詳しくは、前々回の記事(落語記録)をご参照のほど。
 ああ、面白かった!!

 開演前終演後、出演者の皆さんやネオ落語の常連さんと話をする。

 阪急で烏丸まで戻り、ネオ落語の常連さんと夕飯をとり、その後別の予定をすませて深夜1時過ぎに帰宅した。


 帰宅後、KBS京都でオードリーのオールナイトニッポンや欅坂46(これでいいの?)のオールナイトニッポンRを聴いたりしながら、4時半近くまで落語記録を投稿したり、仕事関係の作業を進めたりする。


 久しぶりに静かな朝を迎える。
 が、朝から仕事関係の予定を組んでいたためあまり惰眠を貪ることはできなかったけれど…。


 午前中、仕事関係の予定をすませる。


 NHK・FMの『日曜喫茶室』を途中まで聴く。
 はかま満緒さんが亡くなる前日の録音。
 奇しくも、『シャボン玉ホリデー』で馴染みの深い作曲家宮川泰の没後10年を記念した番組だった。


 13時頃外出し、京都文化博物館へ。
 6階の和室で、京都文博噺の会Vol.1 桃月庵白酒独演会を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
 ああ、面白かった!!

 開場のそこそこ前に文博に着いたが、長い列が出来ていた。
 チケットも完売(詰め込もうと思えば、もっと詰め込めたはずだが、見切りの問題もあって、売り留めにしたのだろう)。

 終了後、河原町まで出てAvisやOPAのブックオフ、タワーレコードをのぞき、京都芸術センターで用件を片付け、夕飯用の買い物をすませ、18時頃帰宅した。


 帰宅後、グレン・グールドが弾いたヨハン・セバスティアン・バッハのイタリア協奏曲他<SONY/BMG>や、NHK・FMの『ブラボー!オーケストラ』を聴いたりしながら、落語記録を投稿したり、雑件を片付けたりする。
 『ブラボー!オーケストラ』では、マティアス・バーメルト指揮オーケストラ・アンサンブル金沢の第372回定期公演のライヴ録音(2016年1月30日、石川県立音楽堂コンサートホール)から、ブリテンのシンプル・シンフォニーの第1、第2楽章、アレクサンダー・クリッヒェルを独奏に迎えたショパンの演奏会用ロンド「クラコヴィア」、メンデルスゾーンの交響曲第5番「宗教改革」が放送されていた。


 夕飯後、アントネッロ・マナコルダ指揮カンマーアカデミー・ポツダムが演奏したシューベルトの交響曲第8番「ザ・グレート」<SONY/BMG>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『御神酒徳利』を書き進めたり、保坂和志の『未明の闘争』<講談社>を読み進めたりする。
 『御神酒徳利』は、原稿用紙に換算して84枚分を超えた。
 今は、昔播磨家真太剣太の漫才台本を書いていた芥川賞作家の魚崎笑子と梅田近くの英国紅茶専門店(スコーンとかある、あそこです)で話をしているところ。
 魚崎笑子の親友の名前を多惠子にして、あとであっと思った。
 モデルのつもりは毛頭なかったのだけど、でも秋田實門下という設定ならそう思われても仕方ないか。


 今日は、ブラックサンダーを食す。
 ついにバレンタインでいただいたブラックサンダーを食し終えた。
 なかなか美味しうございました。
 そして、改めて多謝。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック