2016年02月27日

花粉が勢いを増しているような(早めのCLACLA)

 青空が見えていたが、徐々にどんよりとしたお天気に。

 気温は少し上昇したか。
 その分、花粉が勢いを増しているような。
 なんだか喉の調子がおかしい。
 やれやれ。


 昨夜、NHKのラジオ深夜便を聴いたりしながら、5時近くまで仕事関係の作業を進める。


 朝早くから、近所の工事がかまびすしい。
 遠慮会釈のかけらもなく。
 無法無謀の極み。
 施工主に天罰天誅は下る!


 午前午後と、仕事関係の予定をすませる。
 本当は早めに片付けて、別の予定を入れたかったのだけれど、無理だった。
 残念だが、仕方ない。


 その後、クリストフ・フォン・ドホナーニ指揮クリーヴランド管弦楽団が演奏したブルックナーの交響曲第5番<DECCA>、ブルーノ・ヴァイル指揮ターフェルムジークが演奏したモーツァルトの交響曲第40番&第41番「ジュピター」<DHM>とハイドンの交響曲第90番<SONY>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『御神酒徳利』を書き進めたり、保坂和志の『未明の闘争』<講談社>を読み始めたりする。


 まもなく外出し、大阪は堺筋本町へ。
 第0回つくるクラブなり。
 果たして、つくるクラブとは?
 それじゃあ、行って来ます!
posted by figarok492na at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック