2016年02月20日

帰宅直前に雨がやむ(CLACLA日記)

 雨降り。
 強い降り。
 が、そろそろ帰宅というところで雨はやみ、月まで見える。
 やれやれ。

 気温はあまり上昇せず。
 じめ寒し。
 皆さん、くれぐれもインフルエンザや風邪などにはお気をつけくださいね。


 雨の分、花粉症は出ず。
 が、気圧と湿度のWパンチ。
 やれやれ。


 イタリアの作家で文芸評論家、哲学者のウンベルト・エーコが亡くなった。84歳。
 ウンベルト・エーコというと、どうしても映画化された『薔薇の名前』、記号論ということになるか。
 ほかに、『フーコーの振り子』なども記憶に残っている。
 深く、深く、深く、深く黙祷。


 2017年にも、衆議院の定数10減と。
 茶番もよいところ。
 見え見えのやり口だ。


 昨夜、フォルテピアノのメルヴィン・タンとニコラス・マッギガン指揮フィルハーモニア・バロック管弦楽団が演奏したモーツァルトのピアノ協奏曲第19番&第18番<ハルモニアムンディ・フランス>を聴いたりしながら、3時半過ぎまで仕事関係の作業を進めたり、『御神酒徳利』について考えたりする。


 朝早くから、近所の工事がかまびすしい。
 月火水木金金日てな具合だ。
 度し難し。


 朝早くに起きて、仕事関係の作業を進めたり、西村賢太の『東京者がたり』<講談社>を読み進めたりする。


 11時半過ぎに外出し、206系統の市バスで京都駅へ。
 そこから近鉄で興戸まで行って、同志社女子大学へ。
 新島記念講堂で、第29回同志社女子大学学芸学部音楽学科オペラクラスによるモーツァルトの歌劇『フィガロの結婚』全4幕の上演(瀬山智博指揮同志社女子大学音楽学科管弦楽団他の演奏。井上敏典演出)を観聴きする。
 詳しくは、前回の記事(コンサート記録)をご参照のほど。

 終了後、近鉄で京都駅まで戻り、9系統の市バスで四条堀川へ戻る。

 で、夕飯用の買い物をすませて、19時半頃帰宅した。
 買い物中、貧相な顔をした中年女性に不快な想いをさせられる。
 やれやれ。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『N響 ザ・レジェンド』を聴く。
 武満徹の特集が組まれていた。

 しばらく間を置いて、同じくNHK・FMの『クラシックの迷宮』を聴く。
 今回は「私の試聴室」で、昨年末に引退を発表したニコラウス・アーノンクール指揮コンツェントゥス・ムジクス・ウィーンが演奏したベートーヴェンの交響曲第5番のライヴ録音(他)が放送されていた。
 これはもう、鮮烈と呼ぶほかない演奏であり、録音だ。
 そして、もはやアーノンクールの実演に接することはできないのである。
 ああ。


 夕飯後、コンサート記録の下書きと投稿をしたり、『御神酒徳利』を書き進めたり、『東京者がたり』を読み進めたりする。
 『御神酒徳利』は、原稿用紙72枚分を超えた。


 今日は、ブラックサンダーを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック