2016年02月04日

立春 ブラームスの中古CDを買った(CLACLA日記)

 立春。


 一応、青空の見えた一日。
 どんよりとした感じも強かったが。

 気温は少し上昇したものの、風が冷たい分、まだ春は暦の上という風に思う。
 朝晩の冷え込みも厳しい。
 皆さん、くれぐれもインフルエンザや風邪にはお気をつけくださいね。


 参加12ヶ国の閣僚等が、TPPの協定に署名した。
 TPPの批准手続きが本格化すると報道されているが、その実体とはどのようなものなのか。
 僕ら自身の生活にどう直結してくるのか。
 そこら辺りが、全く見えてこない。
 不信感を抱くばかりだ。


 今度は、遠藤五輪担当相に口利き疑惑が発覚と。
 てか、安倍内閣そのものが泥まみれではないのか。
 きちんと報道されていないだけで。


 ゆ党のゆは、癒着のゆ。


 目くらましの八百長猿芝居だらけ。
 騙されてはなるまい。


 昨夜、KBS京都でAKB48のオールナイトニッポンや、youtubeで『さらばシベリア鉄道』(大瀧詠一、太田裕美ばかりか、福山雅治、坂本冬美も)を聴いたりしながら、明け方5時過ぎまで仕事関係の作業を進める。
 AKB48のオールナイトニッポンは、昨年11月に卒業を発表した内山奈月のほか、岡田奈々、小嶋真子の出演。
 内山奈月といえば、南野森との『憲法主義』で知られたメンバーで、「ここでも安倍内閣が」などとは言わないけれど、まあアイドルとしてはやりにくかったのかも。
(まあ、世の中御用御用の風が吹いていることも事実だが)


 今日ももちろん、朝早くから近所の工事がかまびすしい。
 うっとうしいわ!


 午前中、仕事関係の予定をすませる。


 午後、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも木曜日』や、ルドルフ・ケンペ指揮シュターツカペレ・ドレスデンが演奏したリヒャルト・シュトラウスの交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』&『死と変容』、『ばらの騎士』のワルツ組曲、『カプリッチョ』から「月の光の音楽」<Warner>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『御神酒徳利』について考えたり、柴崎友香の『春の庭』<文藝春秋>を読み始めたりする。
 ほかに、伊藤武の『イタリア現代史』<中公新書>の拾い読みもした。


 16時過ぎに外出し、歩いて河原町方面へ。
 仕事関係の予定をすませたり、用件を片付けたりする。
 で、ついでにAvisをのぞいたら、なんと木曜日は16時までで営業がいったん終わり、あとは19時から20時の間開いていると。
 ありゃりゃ。
 ほかに、三条のブックオフをのぞき、OPAのブックオフで中古CDを1枚(税込み500円)を購入し、夕飯用の買い物をすませて、19時過ぎに帰宅した。
 歩き過ぎで、ちょっと疲れた。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、アルテミス・カルテットのコンサートのライヴ録音(2015年2月28日、ウィーン・コンツェルトハウス)を聴く。
 ドヴォルザークの弦楽4重奏曲第12番「アメリカ」、ショスタコーヴィチの弦楽4重奏曲第5番、チャイコフスキーの弦楽4重奏曲第1番が演奏されていた。


 続けて、今日購入したヨエル・レヴィ指揮アトランタ交響楽団が演奏したブラームスのセレナード第1番&ハイドンの主題による変奏曲<TELARC>を2回聴く。
 若書きのセレナード第1番、ハイドンの主題による変奏曲ともに、大学祝典序曲と並んでブラームスの管弦楽曲の中では喜びに満ち溢れた作品。
 中でもセレナード第1番は大好きな音楽作品の一つで、僕のCDコレクションの対象でもある。
 アトランタ交響楽団はソロとしてもアンサンブルとしても、一程度以上の水準を保った演奏を行っており、レヴィもバランスがよくとれて鳴りのいい音楽づくりを心掛けている。
 緩やかな部分での抑制の効いた歌わせ方もしっくりとくる。
 とびきりの名演とは言えないかもしれないが、CDで繰り返して愉しむには最適の一枚だと思う。
(そうそう、レヴィは明日と明後日の大阪フィルの定期で、マーラーの交響曲第7番「夜の歌」を指揮する予定なのだ)


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『御神酒徳利』を書き進めたりする。


 『春の庭』を読了する。
 ああ、面白かった!

 ほかに、『イタリア現代史』の拾い読みもした。


 今日は、山一パンの小倉&バニラを食す。
 寺町のフレスコで、半額引き、税込み52円だったもの。
 粒あんを挟み、バニラ味のフラワーペーストをのせたパンで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック