2016年02月02日

村上敏明さんの声楽リサイタルのご案内をいただいた(CLACLA日記)

 どんよりとした感じはありつつも、晴天が続く。

 気温は上昇せず、寒さが厳しい。
 特に、夕方以降激しく冷え込む。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザなどにはお気をつけくださいね。


 アメリカ大統領選の候補者選び(民主党、共和党の各州での党員集会)が始まった。
 いろいろと考えることあり。

 政府が北朝鮮のミサイルに関して騒がしくやっている。
 北朝鮮のやり口は度し難いし、騒がしくやることそのものを否定するつもりもないが、それなら何ゆえ、関西電力の高浜原発3号機の再稼働を許したりするのか。
 どう考えたって、おかしな話。

 安倍内閣の支持率がまたぞろ高まっているとか。


 マイナス金利も含めて、目くらましの八百長猿芝居には騙されたくないものだ。


 昨夜外出し、いくつか用件を片付けてから錦湯さんへ。
 16回目のネオ落語・セントラルを愉しむ。
 詳しくは、前回の記事(ネオ落語記録)をご参照のほど。
 ああ、面白かった!

 終了後交流会に参加し、遅めの夕飯をすませて24時台に帰宅した。


 帰宅後、ケラー・カルテットが演奏したチャイコフスキーの弦楽4重奏曲第1番&第2番<ERATO>を聴いたりしながら、明け方5時過ぎまでネオ落語記録を投稿したり、仕事関係の作業を進めたりする。


 今日も今日とて、朝早くから近所の工事がかまびすしい。
 カーンカーンコンコン、クレーン車も出動して傍若無人にやっている。
 やれやれ。


 毎週恒例の洗濯をすませる。
 乾き、あまりよろしからず。
 この寒さだもの、まあ仕方ない。


 午前中外出し、仕事関係の予定をすませる。
 帰りがけ壬生のローソンストア100に寄ったが、9時までで閉店でリニューアル作業がすでに始まっていた。
 これで、17日のリニューアルまではお休みだ。
 で、壬生節分会の混雑を通り抜け、正午少し前に帰宅する。


 昨日、この間いろいろとお世話になっている橘市郎さんより封書をいただく。
 橘さんが代表を務める一般社団法人 達人の館が主催して、2月26日の18時半から京都コンサートホール小ホールで開催予定の村上敏明さんの声楽リサイタルのご案内を兼ねてのもの。
 村上さんといえば、張りがあって伸びやかな見事な声質と声量を持ったテノール歌手で、藤原歌劇団などオペラで大活躍されている。
 よろしければ、皆さんもぜひ!


 午後、ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』や、ピアノのパスカル・ロジェとイザイ・カルテットが演奏したフォーレのピアノ5重奏曲第1番&ピアノ4重奏曲第1番、同第2番&ピアノ5重奏曲第2番<ともにDECCA>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『御神酒徳利』について考えたり、古井由吉の『蜩の声』<講談社>を読み進めたりする。


 夕方になって再び外出し、仕事関係の予定をすませる。
 その後、夕飯用の買い物をすませ、18時半過ぎに帰宅した。


 帰宅後、ピエール・ブーレーズ指揮シカゴ交響楽団が演奏したバルトークの弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽<ドイツ・グラモフォン>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、ピーター・ウィスペルウェイのチェロ・リサイタルのライヴ録音(2015年3月21日、ウィーン・コンツェルトハウス)を聴く。
 ヨハン・セバスティアン・バッハの無伴奏チェロ組曲のうち、第1番、第3番、第4番抜粋、第5番、第6番抜粋が放送されていた。
 これは、できれば全曲を聴きたかったなあ。


 夕飯後、仕事関係の予定をすませる。

 その後、ボロディン・カルテットが演奏したブラームスの弦楽4重奏曲第1番&第3番、ピアノ5重奏曲(エリソ・ヴィルサラーゼのピアノ)&弦楽4重奏曲第2番<TELDEC>を聴いたりしながら、『御神酒徳利』を書き進める。
 『御神酒徳利』は、原稿用紙36枚分を超えた。


 『蜩の声』を読了する。
 好みの如何に関わらず、古井由吉の作品には強い刺激を受ける。

 ほかに、伊藤武の『イタリア現代史』<中公新書>の拾い読みもした。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 馬鹿につける薬はない。
 そして、馬鹿を支える者こそ一番の馬鹿者だ。
 一番の馬鹿者にはなりたくない。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック