2015年10月30日

京都大学でワンマンショーを愉しんだ(CLACLA日記)

 どんよりとした感じはありつつも、一応青空の見えるお天気。

 気温はあまり上昇せず。
 どんどん秋らしくなっている。
 皆さん、くれぐれも風邪など召しませんように。


 文化勲章に仲代達矢や、ノーベル賞受賞の大村智、梶田隆章ら、文化功労者に黒柳徹子、橋田寿賀子、尾上菊五郎、野村万作、皆川博子、川淵三郎、佐々木毅らが、それぞれ選ばれた。
 おめでとうございます。


 無理を通せば道理が引っ込む。
 という言葉通りの状況が続いている。
 いろいろと考えることあり。


 昨夜、KBS京都で岡村隆史のオールナイトニッポンやアルコ&ピースのオールナイトニッポンゼロを聴いたりしながら、4時半近くまで仕事関係の作業を進める。


 朝早くから、真向かいマンションの住人がかまびすしい。
 近所のボロ家の工事も度し難いが、この住人のデリカシーのないかまびすしさも度し難い。
 野中の一軒家に住んでいるのではないのだ。
 やれやれ。


 午前中、仕事関係の予定をすませる。


 午後、KBS京都の『妹尾和夫のパラダイスkyoto』や、パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルが演奏したシューマンの交響曲第2番&序曲集<RCA>、アレクサンダー・リープライヒ指揮ミュンヘン室内管弦楽団が演奏したロッシーニの序曲集<SONY/BMG>、アントネッロ・マナコルダ指揮カンマーアカデミー・ポツダムが演奏したシューベルトの交響曲第5番&第6番<同>、バリトンのクリスティアン・ゲルハーヘルがハイペリオン・アンサンブルの伴奏で歌ったマーラーのさすらう若人の歌<ARTE NOVA>と、ケント・ナガノ指揮モントリオール交響楽団の伴奏で歌った同じ曲<SONY/BMG>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『勝呂又吉のこと』を書き進めたりする。
 『勝呂又吉のこと』は、原稿用紙に換算して126枚分を超えた。


 黒柳徹子の『トットひとり』<新潮社>を読了する。
 黒柳さんが、かつて親しく交わった今は亡き人々について綴った一冊。
 大切な人たちの死を送りながら、二重の意味で「ひとり」生きる黒柳さんのあり様に強く心を動かされる。
 ああ、面白かった!

 続けて、萩本欽一の『ダメなやつほどダメじゃない』<日本経済新聞出版社>を読み始める。
 萩本欽ちゃんの、日経新聞の「私の履歴書」連載をまとめたもの。
 これまた面白し。


 18時過ぎに外出して仕事関係の用件を片付けてから、京都大学へ。
 文学部新館第一講義室で、丸山交通公園君のワンマンショー『24世紀の21世紀学 1時間目』を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
 ああ、面白かった!

 はじめ、場所がわからず、隣の反レイシズムの集まりに顔を出してしまった。
 全く様子が違っているのでびっくりした!

 開始前終了後、関係各氏と話をしたり、挨拶をしたりする。

 終了後、京都大学の中央食堂で少し遅めの夕飯をすませる。
 LLサイズのライスに、鯖の味噌煮など、控えめな内容だった。

 で、ちょっとした買い物をすませて22時過ぎに帰宅する。


 帰宅後、ミハイル・プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団が演奏したロシア序曲集<ドイツ・グラモフォン>、アンドルー・デイヴィス指揮ロイヤル・ストックホルム・フィルが演奏したノーベル賞授賞式典で演奏された音楽集<FINLANDIA>を聴いたりしながら、諸作業を進める。


 今日は、大阪屋製菓のハニードーナツを食す。
 六角のローソンストア100で購入したもの。
 オーソドックスなミニドーナツで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック