2015年09月15日

八木昌子が亡くなった(CLACLA日記)

 青空は見えつつも、どんよりとした感じが増す。

 日中は気温が上昇し、暑さを覚える。
 まだ秋本番とは言えなさそう。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 参議院の特別委員会で、安保法案に関する中央公聴会が開かれる。
 何がなんでも安保法案を押し通そうという、政府与党のやり口がどうにも腹立たしい。
 国民の安全保障に関する意識を高めることもなしに、こんなやっつけ仕事で無理無体を行ったところで、しょせん本当の「有事」にはなんの役にも立たないだろう。
 愚策も愚策、愚劣の一語だ。


 俳優の八木昌子が亡くなった。77歳。
 東京の生まれで、俳優座養成所を経て文学座に入る。
 演劇をはじめ、映画、テレビドラマと幅広く活躍した。
 一見静謐清楚な顔立ちで抑制された佇まいながら、その実、心の内には強い動きを秘めているといった雰囲気の役者さんで、鼻にかかったような声も記憶に残る。
 現代劇時代劇、ともに安定した演技を披歴していたが、映画デビュー作にあたる大島渚監督の『悦楽』と、萩原健一と危うい関係となる篠田正浩監督の『化石の森』を代表作として挙げておきたい。
 なお、父親は劇作家の八木隆一郎で、夫は同じ文学座所属の林秀樹である。
 深く、深く、深く、深く黙祷。

 余談だけれど、僕は文学座では八木さんが(太地喜和子ではなく)、俳優座では香野百合子さんが(栗原小巻ではなく)、大好きな女優さんだった。


 昨夜、19時過ぎに外出し用件を片付けてから錦湯さんへ。
 月亭太遊さんのネオラクゴ企画、ネオラクゴ・フロンティアsection47を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。
 ああ、面白かった!

 で、打ち上げに参加したりして、4時半頃帰宅した。


 5時20分過ぎに就寝し、正午過ぎに起きる。


 ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』や、バリトンのクリスティアン・ゲルハーヘルがフライブルク・バロック・オーケストラの伴奏で歌ったモーツァルトのオペラ・アリア集<SONY/BMG>、ロジャー・ノリントン指揮チューリッヒ室内管弦楽団が演奏したストラヴィンスキーの『兵士の物語』組曲他<同>を聴いたりしながら、ネオラクゴ記録をアップしたり、仕事関係の作業を進めたり、『勝呂又吉のこと』について考えたり、多和田葉子の『献灯使』<講談社>を読み進めたりする。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 帰宅後、グレン・グールドが弾いたモーツァルトのピアノ・ソナタ第8番、第10番、第12番、第13番<SONY/BMG>を聴いたりしながら、雑件を片付ける。


 夕飯後、ゲルハーヘルが歌ったモーツァルトのオペラ・アリア集を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『勝呂又吉のこと』について考えたり、『献灯使』を読み進めたりする。
 『献灯使』は表題作を読み終えたところだが、こういう作品を読むと本当に適わないと思う。
 『勝呂又吉のこと』と粗雑さ…。


 今日は、ローソンのシュークリームを食す。
 壬生のローソンストア100で、50円引きだったもの。
 なめらかなカスタードクリームの中ぶりなシュークリーム2個で、まあまあ美味しうございました。
 やっぱりシュークリームはいいな。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック