2015年09月01日

今日から9月 新シーズンのスタート(CLACLA日記)

 今日から9月。
 欧米流にいえば、新シーズンのスタートだ。
 一日一日を本当に大切にして、為したいこと、為すべきことをしっかりと為していきたい。
 そして、自分自身の死を忘れないこと。


 秋雨前線のため、雨の一日。
 雷鳴が轟いたりもした。
 終日、どんよりとする。

 気温はそれほど上昇しなかったものの、湿度が高く、じめじめとして快ならず。
 気圧と湿度のWパンチにやられる。
 頭と身体が、どうにも重たし。
 やれやれ。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 昨日の日記で、継続は力なりという言葉を記したら、どこかの香具師ペテン師が同じ言葉を使っている。
 馬鹿につける薬はない。
 腹立たしいかぎり。


 佐野研二郎制作による東京オリンピックのエンブレムの使用を、オリンピックの組織委員会が取りやめる方針と報じられている。
 遅きに失した、というほかない。
 と、いうよりも、東京でのオリンピックなど返上してしまったほうがよい。
 そもそも、嘘だらけのオリンピック誘致ではないか。


 朝6時頃、就寝する。
 それでも、なんとか午前中に起きる。


 午後、ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』や、パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルが演奏したベートーヴェンの交響曲第5番&第1番、第4番&第7番<RCA>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、8月の創作活動について考えたり、『水の上で歌う』をプリントアウトしたり、浅田次郎の『赤猫異聞』<新潮社>を読み進めたりする。
 ほかに、岩城宏之の『棒ふりのカフェテラス』<文春文庫>の拾い読みもした。
 『赤猫異聞』は、実に面白い。
 心にもぐっとくる。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 帰宅後、ダニエル・ハーディング指揮ドイツ・カンマーフィルが演奏したベートーヴェンの序曲集<Virgin>を聴きながら、『勝呂又吉のこと』の今後の展開について考えたり、雑件を片付けたりする。


 夕飯後、レナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィルが演奏したブラームスの交響曲第2番&大学祝典序曲<ドイツ・グラモフォン>、クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィルが演奏した同じくブラームスのセレナード第1番<同>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 『赤猫異聞』を読了する。
 ああ、面白かった!!


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 馬鹿につける薬はない。


 明日がいい日でありますように!
 そして、今月がいい月でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック