2015年08月04日

馬鹿につける薬はない(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 気温の上昇も続く。
 今日も今日とて暑さがとてつもなく厳しく、とてつもなく激しい。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 礒崎首相補佐官や下村文部科学大臣の辞任はもちろんのこと、早々に安倍内閣には退陣してもらいたいと思っている。
 しかし、彼彼女らが辞任したからといって、全てが終わるわけではない。
 そのことだけは忘れてはなるまい。
(礒崎氏に関して、自民党の高村副総裁が「潔くて良かった…」などと口にしたそうだ。馬鹿につける薬はない)


 自民党の武藤貴也衆議院議員の愚劣なツイートについて、朝日新聞朝刊が報じている。
 百田尚樹を呼んで呆けた勉強会を開催した文化芸術懇話会の一員で、ブログのほうにも得手勝手手前勝手な言説を垂れ流して恥じぬ人物だ。
 これまた、馬鹿につける薬はない。


 俳優の泉政行が亡くなった。35歳。
 『仮面ライダー555』よりも、『科捜研の女』のイメージが僕には強い。
 まだ35歳。
 深く、深く、深く、深く黙祷。


 明け方5時過ぎに眠る。


 午前中、仕事関係の予定をすませる。


 午後、ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』を途中まで聴く。
 武藤議員のツイートについて、妹尾さんも怒りの言葉を口にしていた。


 アントネッロ・マナコルダ指揮カンマー・アカデミーポツダムが演奏したシューベルトの交響曲第5番&第6番<SONY/BMG>(2回)とフォルテピアノのメルヴィン・タンが弾いたシューベルトの即興曲集<EMI>を聴き、それぞれのCDレビューをアップする。
 詳しくは、前々々回と前々回の記事をご参照のほど。

 その後、タンが弾いたシューベルトとベートーヴェンのクラヴィーアのための小品集<同>を聴く。


 仕事関係の作業を進めたり、『水の上で歌う』を書き進めたり、藤野眞功の『アムステルダムの笛吹き』<中央公論新社>を読み進めたりする。
 ほかに、福永文夫の『大平正芳』<中公新書>の拾い読みもした。
 安倍某や礒崎某、武藤某と大平正芳の格の違いを痛感する。
 大平さんのアメリカへの協力関係を知ってもなおだ。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 帰宅後、マナコルダ指揮カンマー・アカデミーポツダムが演奏したシューベルトの交響曲第3番&第7番「未完成」<SONY/BMG>を聴いたりしながら、雑件を片付ける。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、プロムス2015から、アンドリス・ネルソンス指揮バーミンガム・シティ交響楽団のコンサートのライヴ録音(2015年7月19日、ロイヤル・アルバート・ホール)を聴く。
 ベートーヴェンのバレエ音楽『プロメテウスの創造物』序曲、ウールリッチの『フォーリング・ダウン』(マーガレット・クックホーンのコントラファゴット独奏)、ベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」が演奏されていた。
 いっとう面白かったのは、ウールリッチの作品。
 真夏の第九は今一つしっくりとこず。


 続けて、ヒュー・ウルフ指揮セント・ポール室内管弦楽団が演奏したレスピーギのボッティチェッリの3枚の絵、組曲『鳥』、リュートのための古風な舞曲とアリア第1&第3組曲<TELDEC>を聴き、CDレビューをアップする。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。


 夕飯後、仕事関係の作業を進める。


 『アムステルダムの笛吹き』を読了し、オタ・フィリップの『お爺ちゃんと大砲』<春風社>を読み始める。


 今日は、クリームたっぷり卵プリンを食す。
 壬生のローソンストア100で、50円引きだったもの。
 ホイップクリームをのせた柔らかい食感のプリンで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 本当に、馬鹿につける薬はない。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック