2015年07月19日

ライヴ、生に接する愉しさ、面白さ、嬉しさの中には(CLACLA日記)

 どんよりとした感じはありつつも、晴天の一日。
 青空が続く。

 気温は上昇し、暑さがとても厳しい。
 暑い暑い暑い。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 各種世論調査で安倍内閣の支持率が急激に下がっている。
 当然といえば当然のことだ。
 というか、安倍首相は祖父岸信介と同じ役回りを果たそうとしているのではないか?
 いずれにしても、目くらましの八百長猿芝居には気をつけておかないと。

 それと、安保法案の陰で様々な問題のある政策が推し進められている。
 こちらのほうも注視しておかなければ。


 そうそう、記し忘れていた。
 昨日の午前中、毎週恒例の洗濯をすませておいたんだった。
 乾きは想像以上によく、ああ、すっきりした!


 昨夜、4時半近くまで仕事関係の作業を進める。


 朝8時台に起きて、仕事関係の予定をすませる。


 その後、アナトール・ウゴルスキが弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタ第32番他<ドイツ・グラモフォン>、フォルテピアノのアレクセイ・リュビモフが弾いた同じくベートーヴェンのピアノ・ソナタ第8番「悲愴」&第14番「月光」&第21番「ワルトシュタイン」<ERATO>、NHK・FMの『きらクラ!』、オリ・ムストネンが弾いたベートーヴェンのピアノのための変奏曲・舞曲集<DECCA>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『水の上で歌う』について考えたり、鷲巣力の『加藤周一を読む』<岩波書店>を読み進めたりする。
 ほかに、服部龍二の『広田弘毅』<中公新書>の拾い読みもした。


 17時台に外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 帰宅後、ニコラウス・アーノンクール指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団他が演奏したサリエリの『まずは音楽、お次に言葉』&モーツァルトの『劇場支配人』<TELDEC>を聴いたりしながら、雑件を片付けたり、『加藤周一を読む』を読み進めたりする。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ブラボー!オーケストラ』で、川瀬賢太郎指揮神奈川フィルの第306回定期演奏会のライヴ録音(2015年2月20日、横浜みなとみらいホール大ホール)を聴く。
 アンドレアス・オッテンザマーを独奏に迎えたウェーバーのクラリネット協奏曲第1番から第1、第3楽章とチャイコフスキーの交響曲第2番「小ロシア」が放送されていた。

 夕飯後、ラルキブデッリが演奏したモーツァルトのディヴェルティメントK.563他<SONY>、アントネッロ・マナコルダ指揮カンマーアカデミー・ポツダムが演奏したシューベルトの交響曲第5番&第6番<SONY/BMG>、フォルテピアノのメルヴィン・タンが弾いたシューベルトの即興曲集<EMI>を聴きながら、仕事関係の作業を進めたり、『水の上で歌う』を書き進めたり、『加藤周一を読む』を読み進めたりする。

>天下国家の安泰は、みだりに嘘をつかぬ政府によるところが大きいだろう。
 その次には、むやみに嘘をつくが、みずからはそれを信じない政府。
 最大の危険は、その現実判断がみずからの嘘から強く影響される政府である。
 第一の政府は、民主主義的、第二の政府は非民主主義的・現実的で、第三の政府は非現実的・狂信的といえるかもしれない。
 今の日本の政府はそのいずれの型に属するだろうか。
 その答は、つまるところ、日本国民の判断に待つほかない<
 以上は、森喜朗(!)が首相だった頃に書かれた、加藤周一先生の文章の一部だ。


 今日も、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 ライヴ、生(せい)に接する愉しさ、面白さ、嬉しさの中には、ときに極私的としか呼べないような自らの記憶と感覚によって導かれたものがある。
 それは、あまりにも極私的ゆえに言語では説明し難いものであるし、あえて他者に対して語ろうという気にもなりはしない。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック