2015年06月18日

気圧と湿度のWパンチで身体が重たし(CLACLA日記)

 雨降り。
 どんよりとしたお天気の一日。

 気温は下がったものの、湿度が高い分、じめじめとしてあまり快ならず。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。

 気圧と湿度のWパンチで、身体が重たし。
 やれやれ。


 安保関連法案ばかりでなく、労働者派遣法にせよ、国公立大学への施策にせよ、メディアへの働きかけにせよ、ここまであからさまなやり口をされてなお気付くことがないとすれば、正直救いがない。
 諦めることは手を貸すこととわかってはいるが。

 それにしても、維新の党の見苦しさ。
 橋下徹は好き勝手なことを吐き散らかしているし。
 全くもって恥知らずの一語である。


 昨夜、KBS京都でAKB48のオールナイトニッポン(北原里英、武藤十夢、田野優花の出演)を聴いたりしながら、4時40分まで仕事関係の作業を進める。


 午前中、仕事関係の予定をすませる。


 午後、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも木曜日』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『水の上にて歌う』を書き進めたりする。


 永井するみの『秘密は日記に隠すもの』<双葉社>を読了する。
 はじめは、「日記」の文体にはのれんなあと思っていたのだけれど、途中でそれが作品の仕掛けの一つであり、作者の「悪意」の表われであるということに気が付いた。
 なお、2010年に亡くなった永井さんにとって、この一冊が遺作である。
(連作の一つ一つがリンクしていて、もしかしたら他の作品の「伏線」かもと思える箇所もあった)


 体調には勝てず、少しだけうとうととする。


 ウェラー・カルテットが演奏した『モーツァルトのカルテット・パーティー』<DECCA/タワーレコード>を聴いて、『ワルター・ウェラーの死を悼む』をアップする。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。

 続けて、コントラルトのキャスリーン・フェリアー、テノールのユリウス・パツァーク、ブルーノ・ワルター指揮ウィーン・フィルが演奏したマーラーの大地の歌<DECCA>を聴く。
 ワルター・ウェラーが活躍した頃から少し前に録音されたものである。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 夕飯後、ニコラウス・アーノンクール指揮コンツェントゥス・ムジクス・ウィーンが演奏したハイドンの交響曲第30番「アレルヤ」&第53番「帝国」&第69番「ラウドン」、第45番「告別」&第60番「うすのろ(バカオロカ)」<ともにTELDEC>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『水の上にて歌う』を書き進めたり、松田青子の『スタッキング可能』<河出書房新社>を読み始めたりする。
 『水の上にて歌う』は、原稿用紙21枚分を超えた。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 愚か者の卑劣漢を支持し許容し黙認する者こそ、一番の愚か者の卑劣漢だ。
 一番の愚か者の卑劣漢にはなりたくない。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック