2015年06月10日

仕事関係の予定をすませ、CDレビューをアップした一日(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空の一日となる。

 気温も上昇し、暑さが厳しい。
 気温の差が激しいので、皆さんくれぐれもご自愛くださいね。


 いっぱいいると明言していたくせに、実際そうでなかったことが明らかになると「最高裁が」などと口にする。
 首相が首相ならば、官房長官も官房長官ということか。
 厚顔無恥の極み。


 自民と維新の合意により、労働者派遣法改正案が来週にも衆議院を通過する見通しと報じられている。
 今後も、誰が何に賛成するか、または反対するかを注意深く見極めていかなければなるまい。
 そして、目くらましの八百長猿芝居にも気をつけておかなければ。


 昨夜、ハンス・クナッパーツブッシュ指揮ウィーン・フィル他が演奏したブラームスの管弦楽曲集<タワーレコード/DECCA>を聴き、CDレビューをアップする。
 その後、NHKのラジオ深夜便を聴いたりしながら、4時過ぎまで仕事関係の作業を進めた。


 今日も今日とて、近所の建築工事がかまびすしい。
 やれやれ。


 午前中、仕事関係の予定をすませる。


 ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも水曜日』(途中まで)を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 リュドミラ・ウリツカヤの『女が嘘をつくとき』<新潮社>を読了する。
 これもまた、今読んでおいて正解の一冊だった。
 ああ、面白かった!
(当然許可をとっての上だけれど、いくつかの作品は現代の日本に置き換えてドラマ化できるのではないかと思ったりした)

 ほかに、俵孝太郎の『新・気軽にCDを楽しもう』<コスモの本>の拾い読みもした。


 14時台に外出して仕事関係の予定をすませ、ついでにお米(10キロ)を買って帰宅する。


 帰宅後、山田一雄指揮大阪センチュリー交響楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」他<ライヴノーツ>を聴き、CDレビューをアップする。


 17時過ぎに再び外出して仕事関係の予定をすませ、ついでに夕飯用の買い物もすませて帰宅する。


 帰宅後、パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルが演奏したベートーヴェンの交響曲第5番&第1番<RCA>を聴き、CDレビューをアップする。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、今年のザルツブルク・モーツァルト週間におけるヨーロッパ室内管弦楽団のメンバーとピアノのピエール・ローラン・エマールによる室内楽コンサートのライヴ録音(1月29日、ザルツブルク・モーツァルテウム)を聴く。
 ピアノと管楽器のための5重奏曲などモーツァルトの作品のほか、モーツァルトと同じ編成の5重奏曲などカーターの作品も演奏されていた。

 続けて、パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルが演奏したシューマンの序曲『ヘルマンとドロテア』&『メッシーナの花嫁』<同>を聴く。

 再びラジオに戻り、NHKラジオ第1の『ミュージック・イン・ブック』を聴く。
 筒井康隆がゲストで、映画音楽にまつわる話をしていたが、この番組のおかげで『フィルハーモニック・アンサンブル・ウィーン』のCD<ドイツ・グラモフォン>に収められていたガルデルの『ポル・ウナ・カベーサ(首の差で)』が、『セント・オブ・ウーマン』や『トゥルー・ライズ』で効果的に使われていたことを思い出すことができた。
 あと、小林信彦の名前もちらと出ていた。

 さらに、パーヴォ・ヤルヴィとドイツ・カンマーフィルのシューマンの残り、交響曲第2番、劇音楽『マンフレッド』序曲、歌劇『ゲノヴェーヴァ』序曲を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『水の上にて歌う』を書き進めたり、小野正嗣の『獅子渡り鼻』<講談社>を読み始めたりする。


 今日は、モンテールのふんわりロール(ミルク)を食す。
 壬生のローソンストア100で、50円引きだったもの。
 ごちそうさま!


 類は友を呼ぶというが、くだらない人間のところには同じようにくだらない人間が集まってくるものだ。
 自省あるのみ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック