2015年04月30日

今日で4月も終わり(CLACLA日記)

 今日で4月も終わり。
 一日一日を本当に大切にして、自分自身の為したいこと為すべきことをしっかり為していきたい。
 そして、自分自身の死を忘れないこと。


 晴天が続く。
 いいお天気、いい青空。

 今日も気温は上昇し、Tシャツや短パンでも暑さを感じるほど。
 やれやれ。


 訪米中の安倍首相が、アメリカの上下両院会議で演説を行った。
 そういえば、ここぞとばかり安倍首相は大盤振る舞いをしているようだ。
 いろいろと考えることあり。


 昨夜、4時50分頃まで諸作業を進める。


 午前中、仕事関係の予定をすませたのち、毎週恒例の洗濯をすませる。
 乾き、とてもよろし。
 ああ、すっきりした!


 正午過ぎ、実家からの荷物が届く。
 多謝。


 ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも木曜日』や、チャールズ・マッケラス指揮エイジ・オブ・エンライトゥンメント管弦楽団が演奏したシューベルトの交響曲第5番&第7番他<Virgin>、ハンス・クナッパーツブッシュ指揮ウィーン・フィルが演奏した『ポピュラー・コンサート』<タワーレコード/DECCA>、アントネッロ・マナコルダ指揮カンマーアカデミー・ポツダムが演奏したシューベルトの交響曲第8番「ザ・グレート」<SONY/BMG>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『モノは試し』を読み返したり、4月の創作活動を振り返ったり、原田マハの『楽園のカンヴァス』<新潮社>を読み進めたりする。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 夕飯後、マナコルダのシューベルトとクナッパーツブッシュの『ポピュラー・コンサート』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『楽園のカンヴァス』を読み進めたりする。


 今日は、実家からの荷物に入っていた「くろ棒」(黒砂糖のお菓子。下町のブラウンケーキなんて書いてある)と「朝の応援食 チーズ入り焼きドーナツ」をちょっとずつ食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 今年に入って、けっこうお芝居から離れているのにこういうことを記すのもなんだけど、これまでにも指摘してきたように、劇界再編成が昨年一段落着いた今年から来年にかけて、京都小劇場の劇場や劇団、会社、学校ごとのグループ化、系統化が一層進んでいくと思う。
 もちろん横のつながりも保ちつつ。
 そして、それは現在の諸状況を考えれば、大きなプラスになると思う。
 ただし一方で、それが生み出す負の部分、なれ合いだとか権威主義化などにも注意しておかなければならないだろう。
 演劇の、演劇活動のための藩屏づくりには大いに賛成だけれど、それは徹頭徹尾自覚的に、そして出来得る限り公平公正に行われるべきだ。


 明日がいい日でありますように!
 そして、来月がいい月でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック