2015年04月21日

かかりつけの病院に行った(CLACLA日記)

 晴天へ。
 どんよりとした感じはありつつも。

 気温は少しだけ下がったか。
 暑過ぎず寒過ぎず、過ごしやすい一日だった。


 自衛隊の海外派遣に関して、自民・公明両党が例外なく国会の事前承認を義務づけるということで事実上合意したと報じられている。
 いろいろと考えることあり。

 安倍内閣・自民党による各種メディアに対する圧力や、それに付随した工作が、いわゆる安保法制・戦争協力やTPPその他、彼彼女らが推し進めている政策への反対・批判を極力封じ込めるためであることは、想像に難くない。
 そして、彼彼女らが、自らが是とする諸制度を維持し強化する方法として、そうした手法を選択することを、実は僕は否定しない。
 むろんそうした手法を肯定し支持するわけではないけれど、結果としてそうした手法が選択されることは、起こり得ることあり得ること、さらには当為当然のことと考えるからだ。
 要は、個々の国民はそうした手法が実際に選択されるものと認識し、対峙していかなければならないということである。
 そして、全てを陰謀論に帰着させることも愚かに過ぎるけれど、洋の東西を問わずその歴史をつぶさに考察してなお、今現在の我が国の政府のみが一切の工作謀略と無縁であると信じ込むことほど、無垢に過ぎることもあるまい。
 僕(たち)は、今後ますます目の前に現れる諸事象に対して冷静冷徹な視点を持たなければならないと強く思う。

 それにしても、「国際平和支援法」とは、なんて嘘臭い名称なんだろう。
 厚顔無恥もいいところだ。


 俳優の西本裕行が亡くなった。88歳。
 東京出身で、文学座から劇団雲、劇団欅、劇団昴と演劇活動を続ける。
 また、映画やテレビドラマにも出演し、特にテレビアニメ『ムーミン』のスナフキン役で有名である。
 そうそう、『踊る大捜査線』に影響を与えた須川栄三監督の『野獣狩り』でテロリストたちに誘拐されるアメリカ資本のコーラ会社の社長を演じたのも、この西本さんだ。
(ほかに、佐藤肇監督の『吸血鬼ゴケミドロ』では旅客機の機長役をやっていたはずだ)
 なお、西本さんは福田恆存の義弟にあたる。
 上記の西本さんの演劇的な変遷にはそのことが関係している(か、もしくは演劇的な信頼関係がそうしたプライベートな関係に及んだもの)と思う。

 西本さんとは直接面接はなかったが、以前いろいろとお世話になった方が西本さんとつながりがあって、そのお話を詳しくうかがったことがある。
 深く、深く、深く黙祷。


 明け方5時少し前まで、仕事関係の作業を進める。


 なんとか11時台に起きる。


 ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』や、ヴィルヘルム・バックハウスがハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮ウィーン・フィルの伴奏で弾いたベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番<DECCA>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、プリントアウトずみの作品の確認を行ったりする。


 伊集院静の『いねむり先生』<集英社>を読了する。
 ああ、面白かった!

 ほかに、吉田秀和の『世界の指揮者』<ちくま文庫>の拾い読みもした。


 15時台に外出して仕事関係の用件を片付けてから、かかりつけの病院へ。
 血液検査のための採決を行う。

 その後、四条通のスギ薬局で薬を受け取り、夕飯用の買い物をすませて17時台に帰宅した。


 帰宅後、ルドルフ・ゼルキンがジョージ・セル指揮コロンビア交響楽団の伴奏で弾いたモーツァルトのピアノ協奏曲第19番&第20番他<SONY>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、早見和真の『東京ドーン』<講談社>を読み始めたりする。


 夕飯後、サンソン・フランソワが弾いたドビュッシーのピアノ作品集(映像他)<東芝EMI>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたり、『東京ドーン』を読み進めたりする。
 ほかに、『世界の指揮者』の拾い読みもした。


 今日は、東ハトのオールアズキを食す。
 千本三条の卸売ひろばタカギで、税込み73円だったもの。
 小豆入りの抹茶地のしっとりとした食感のクッキーで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 自覚的なコンフォルミスムには、まだ救いがある。
 たとえ変節漢とそしられようと、彼彼女らはぶれることにはぶれない。
 今はあちらになびいていようと、こちらに利も理もあるとわかればさっと戻ってくる。
 忌むべきなのは、無自覚なコンフォルミスムだ。
 彼彼女らは、煽られなびき、とどのつまりは自分自身を単にだまされただけの被害者と思い込む。
 度し難い。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック