2015年04月07日

お昼は図書館へ 夜は錦湯さんへ(深夜のCLACLA)

 どんよりとしたお天気の一日。
 雨も降る。

 気温は少し下がったか。

 気圧と湿度、花粉のトリプルパンチに悩まされる日々。
 やれやれ。


 昨夜、NHKのラジオ深夜便を聴いたりしながら、4時近くまで仕事関係の作業を進める。


 朝早くから、真向かいのマンション奥のボロ家の工事と選挙カーの騒音ダブルパンチ。
 うっとうしいぜ、おい!


 午前中外出し、仕事関係の予定をすませる。

 その後、下京図書館へ。
 山田庄一の『上方芸能今昔がたり』<岩波書店>、高橋源一郎の『さよなら クリストファー・ロビン』、篠田節子の『長女たち』、田中慎也の『宰相A』<いずれも新潮社>、絲山秋子の『末裔』<講談社>を返却し、予約しておいた北村薫の『書かずにはいられない』<新潮社>、笙野頼子の『人の道御三神といろはにブロガーズ』<河出書房新社>、青木玉緒の『風はこぶ』<講談社>、桐野夏生の『だから荒野』<毎日新聞社>、上村亮平の『みずうみのほうへ』<集英社>を新たに借りる。


 帰宅後、ヴァイオリンのアルテュール・グリュミオーとピアノのクララ・ハスキルが演奏したベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第1番〜第4番<PHILIPS>、マウリツィオ・ポリーニが弾いたショパンの練習曲集<テスタメント>、イーヴォ・ポゴレリチとクラウディオ・アバド指揮シカゴ交響楽団が演奏した同じくショパンのピアノ協奏曲第2番&ポロネーズ第5番<ドイツ・グラモフォン>、フィルハーモニック・アンサンブル・ウィーンのアルバム『フィルハーモニック・アンサンブル・ウィーン』<同>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品のプロットを考えたり、ワープロ・ファイルの作品を読み直したり、『書かずにはいられない』を読み始めたりする。
 『書かずにはいられない』は、北村薫のエッセイや書評を集めた一冊だ。


 18時台に外出し、歩いて河原町へ。
 仕事関係の用件を片付けたのち、AvisやJUGIA三条本店、ハッピージャックをのぞき、ウイングス京都に寄ってから錦湯さんへ。
 月亭太遊さんのネオラクゴ企画、ネオラクゴ・フロンティアsection26を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。

 で、打ち上げにも参加し、24時少し前に帰宅した。


 以上、4月6日の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック