2015年03月22日

『魔王』を完成させた(CLACLA日記)

 午前中は青空が見えていたが、徐々にどんよりとし始め、雨も降る。

 気温も若干下がったか。
 寒さが戻ってくるそうなので、皆さんくれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。

 その分花粉症の出は少なかったものの、気圧と湿度のWパンチもあって身体のほうはあまり芳しからず。
 我ながら度し難し。
 やれやれ。


 明け方5時まで、KBS京都でオードリーのオールナイトニッポンなどを聴いたりしながら仕事関係の作業を進める。


 朝早く、不愉快な出来事がある。
 こちらにも原因があるわけで、本来相手を責めるわけにはいかないのだが、どうしても腹を立ててしまった。


 午前中、仕事関係の用件を片付ける。


 KBS京都で今いくよ・くるよさんの特別番組(いくよ・くるよさんとは、20年ほど前に、立命館大学の公費助成関係の企画でご一緒させていただいたことがある。そういえば、昨夜月亭太遊さんの○○落語研究会Gで大活躍の銀シャリの橋本さんも出演していた)や、ルネ・ヤーコプス指揮フライブルク・バロック・オーケストラ他が演奏したハイドンの交響曲第91番&第92番「オックスフォード」他<ハルモニアムンディ・フランス>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『魔王』の筆入れと打ち直しをすませ、プリントアウトをして完成させ、郵送準備をすませたりする。
 『魔王』は、某所に応募する予定なり。


 諏訪哲史の『領土』<新潮社>を読了する。
 重なる時期に書かれた『スワ氏文集』<講談社>を一緒に読んでおいてよかったと思う。


 ほかに、服部龍二の『広田弘毅』<中公新書>の拾い読みもした。


 夕方になって外出し、京都芸術センターで用件を片付け(『ぶらあぼ』の4月号も入手できた)、夕飯用の買い物をすませて、19時過ぎに帰宅した。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ブラボー!オーケストラ』を聴く。
 広上淳一指揮京都市交響楽団が演奏したプロコフィエフの交響曲第5番とラフマニノフの前奏曲第3番のライヴ録音(2015年1月22日、京都コンサートホール大ホール。第586回定期演奏会)を聴く。
 精度が高く、とてもエネルギッシュな演奏で、これは生で聴いておきたかった。

 続けて、同じくNHK・FMの『リサイタル・ノヴァ』を聴く。
 ポーランドでの留学経験があるピアニストの山本貴志の出演で、ショパンの作品が演奏されていた。

 そして、同じくNHK・FMの『サウンドクリエイターズ・ファイル』を聴く。
 吉井和哉が自作に影響を与えた音楽を語るシリーズで、今夜は洋楽の回。
 ああ、面白かった!
 ところで、吉井さんと出会ったのは20年ほど前のオールナイトニッポンだが、ちょうどその頃リリースされた『JAM』(THE YELLOW MONKEY)も流されていて、とても嬉しかった。
(ちなみに、ザ・イエローモンキーやジュディマリ、これもJAMだ、aikoを好きになったのは、全部オールナイトニッポンのおかげである)


 夕飯後、『三人姉妹』(『深雪またなん』、『夏美の夏は』、『千春日和』)のプリントアウトを行ったり、仕事関係の作業を進めたり、古川隆久の『昭和天皇』<中公新書>の拾い読みをしたりする。


 今日は、ヤマザキのランチパック・レアチーズ風味クリーム&いちごジャムを食す。
 近くのドラッグランドひかりで、半額引き、税込み44円だったもの。
 まあ、まあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック