2015年03月10日

東京大空襲から70年 体調芳しからず(CLACLA日記)

 青空は見えつつも、雪も降る一日。

 気温はぐっと下がり、厳しい寒さが戻る。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。

 そして、そんな中でも花粉は飛散しているようで、目の周りがしばしばしたりする。
 やれやれ。


 東京大空襲から70年が経った。
 犠牲となられた全ての方々に、深く、深く、深く、深く、深く黙祷を捧げます。
 そして、ちょうどドイツのメルケル首相が来日していることもあって、様々なことを考える。
 これほど賢慮が求められているときもないのではないか。


 昨夜、4時まで仕事関係の作業を進める。


 午前午後と、ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』や、バリトンのクリスティアン・ゲルハーヘルがゲロルト・フーバーのピアノ伴奏で歌ったベートーヴェン、シェーンベルク、ハイドン、ベルクの歌曲集<SONY>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたり、山口昌男の『エノケンと菊谷栄』<晶文社>を読み進めたりする。


 体調、芳しからず。
 今夜の大阪行きを断念する。
 非常に残念だ。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。
 こういうときでも外出しなければならないのが、一人暮らしの辛いところである。


 夕飯後、アルトゥーロ・トスカニーニ四季NBC交響楽団が演奏したロッシーニの序曲集<RCA>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたり、『エノケンと菊谷栄』を読み進めたりする。
 『エノケンと菊谷栄』の本文は、第7章「菊谷栄戦場に死す」の途中で中断されたままになっていて、まるで36歳で戦死した菊谷栄の人生のようだ。
 なお、執筆された時期もあってだろう、傑作『最後の伝令』に関しては、一切触れられていない。


 今日は、ローソンマート(神戸屋)のクッキークリームパイを食す。
 クッキー生地にパイ生地を重ねたクリーム入りのパイで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック