2015年02月26日

部屋で作業を進めた一日(CLACLA日記)

 雨降り。
 どんよりとしたお天気の一日。

 気温もあまり上昇せず。
 またぞろ寒さが厳しくなるらしい。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。

 その分、花粉の飛散は少なかったよう。
 気圧と湿度のWパンチで、傷めている右肩、腰、膝等々と体調は芳しくなかったが。
 やれやれ。


 二・二六事件から79年が経った。
 いろいろと考えることあり。


 西川前農水相に続いて、今度は下村文部科学相の政治資金問題が取り沙汰されている。
 なんともかともと思う反面、どうして今になって(何を今さら)の感も強い。
 背景に何があるかを考えておかないと。
 そして、民主党をはじめとした野党へのブーメランや、目くらましのあれこれ(北朝鮮のミサイル発射だとか、芸能人のスクープだとか…)にも注意しておかないと。
(NHKラジオ第1の22時台のニュース番組を聴いたが、川崎市の中学生殺害事件や大塚家具のお家騒動、イギリスのウィリアム皇太子の来日を伝えるばかりで、下村文部科学相の問題には全く触れない。御用放送、ここに極まれりだ)


 昨夜、KBS京都でチャランポランタンのオールナイトニッポン・ゼロを聴いたりしながら、4時近くまで仕事関係の作業を進める。
 チャランポランタンのオールナイトニッポン・ゼロは3月末で終了と。
 面白かったので、残念だ。


 ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも木曜日』や、グレン・グールドが弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタ第8番「悲愴」〜第10番<SONY/BMG>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『カルデモンメのゆかいなどろぼうたち』をさらったり、渡辺保と高泉淳子の『昭和演劇大全集』<平凡社>を読み進めたりする。
 『昭和演劇大全集』では、菊田一夫の『花咲く港』の回で小幡欣治の名前が出てきたり、秋元松代の『村岡伊平治伝』の回で秋元さんの感情の激しさが語られたりと、矢野誠一の『小幡欣治の歳月』<早川書房>と共通する部分があるのも嬉しい。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 夕飯後、NHKラジオ第1の『かれんスタイル』や、ソプラノのドーン・アップショウがエリック・スターン指揮のオーケストラ伴奏で歌ったミュージカルのヒットナンバー集「I wish it so」<Nonesuch>などを聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『カルデモンメのゆかいなどろぼうたち』をさらったり、『昭和演劇大全集』を読み進めたりする。


 今日は、ローソンマートのベルギーチョコのふんわりオムレットを食す。
 壬生のローソンストアで、50円引きだったもの。
 チョコレートクリームを挟んだオムレット風のスポンジケーキで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 隣室の青年が時折奇声を発している。
 悪い薬でもやっているのではないか、と思わないでもない。
 まさかとは思うが。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック