2015年02月24日

『向こう側』を観たあと、大切な予定をすませた(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空となる。

 日中は気温が上昇する。
 その分、花粉の飛散も本格化しているようで、目の周りがしばしばしたり頭が重くなったりする。
 やれやれ。


 明け方5時過ぎまで、仕事関係の作業を進める。


 予定の変更があったこともあり、正午過ぎになって起きる。


 14時過ぎに外出して仕事関係の用件を片付けたのち、京都造形芸術大学の高原校舎へ。
 今年度の映画学科の卒展(上映会)から、少しだけ出演させてもらった小川泰寛監督の『向こう側』を観る。
 完成までの諸々を耳にしていることもあり、撮影の困難さを感じる部分も少なくなかったのだけれど、小川君の表現表出欲求と伝えようとすることはよく伝わる作品になっていたとも思う。
 特に、被災地でのロケのシーンなど終盤が強く印象に残った。

 上映前後、小川君はじめ、関係各氏と話をする。

 その後、大切な予定をすませる。
 いろいろと想い、いろいろと考えているときだっただけに、とても実り多くとても愉しい時間を過ごすことができた。
 本当にありがとうございます。

 で、夕飯をすませたのち、21時半に帰宅した。


 帰宅後、NHKラジオ第1の『みうらじゅんのサントラ君』を途中から聴いたりしながら、『カルデモンメのゆかいなどろぼうたち』をさらったり、『千春日和』の打ち直しを行ったり、矢野誠一の『小幡欣治の歳月』<早川書房>を読み進めたりする。


 今日は、外出中に甘いものを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック