2015年02月17日

右腕の付け根が痛む おまけに左肩も痛む(CLACLA日記)

 青空は見えつつも、どんよりとした感じも強いお天気。

 気温も上昇する。
 寒暖の差が激しいので、皆さんくれぐれも風邪やインフルエンザにはお気をつけくださいね。

 そして、花粉禍が怖い。


 朝日新聞朝刊によると、世論調査で安倍内閣の支持率が50パーセントに上昇したそうだ。
 いろいろと考えることあり。


 昨夜、4時50分近くまで仕事関係の作業を進める。


 午前中、いくつか予定をすませる。


 土曜日の稽古で傷めた右肩(腕の付け根)辺りを再び傷めてしまい、激痛が走る。
 おまけに左肩も痛む。
 度し難し。
 やれやれ。
 『カルデモンメのゆかいなどろぼうたち』は、台本を読み直すことに留める。


 ABCラジオの『とことん全力投球!!』や、テノールのイアン・ボストリッジがジュリアス・ドレイクのピアノ伴奏で歌ったシューベルトの歌曲集<EMI>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『千春日和』の筆入れを行ったりする。


 町山智浩の『トラウマ映画館』<集英社>を読了する。
 すでに伏線は張ってあったのだけれど、終盤この本で取り上げられた作品の数々と町山さんの生い立ちとが大きく重なっていく辺りには、やはり心を強く動かされた。
 そして、人間や社会の暗部、救いようのなさ等々を描いた作品の数々に昨夜話したことを思い起こす。

 続けて、関根忠郎の『関根忠郎の映画惹句術』<徳間書店>を読み始める。
 長年東映の宣伝部に務め、その後フリーとなった映画の「惹句師」である著者が、これまでの自らの仕事の数々について詳述した一冊。
 面白し面白し。

 ほかに、古川隆久の『昭和天皇』<中公新書>の拾い読みもした。


 夕飯後、予定をすませる。

 その後、ロジャー・ノリントン指揮ロンドン・クラシカル・プレイヤーズ他が演奏したベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」<EMI>を聴いたりしながら、『千春日和』の筆入れを行ったり、『カルデモンメのゆかいなどろぼうたち』をさらったり(座って、あまり身体を動かさず)、『関根忠郎の映画惹句術』を読み進めたりする。


 今日は、オイシスのチーズケーキタルトを食す。
 壬生のローソンストア100で、50円引きだったもの。
 さくさくとしたタルトとなめらかなチーズケーキの二つの食感が愉しめて、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 自分で自分の首を絞めるような真似はしたくないと思う、今日この頃だ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック