2015年02月17日

二晩続けての午前様(深夜のCLACLA)

 青空の一日となる。
 あいにく明日は雨らしいが。

 日中は気温が上昇する。
 夕方以後は少し冷え込むが。
 寒暖の差が激しいので、皆さんくれぐれも風邪やインフルエンザにはお気をつけくださいね。

 そして、花粉症にもお気をつけくださいね。


 明け方5時過ぎまで、仕事関係の作業を進める。


 あえて予定は入れていなかったので、11時台になって起きる。


 お昼過ぎに外出して仕事関係の用件を片付け、下京図書館へ。
 朽木ゆり子の『ハウス・オブ・ヤマナカ』<新潮社>、菊池清麿の『評伝古関裕而』<彩流社>、岡照雄の『官僚ピープス氏の生活と意見』<みすず書房>、保坂和志の『朝露通信』<中央公論新社>、島田雅彦の『暗黒寓話集』<文藝春秋>を返却し、予約しておいた町山智浩の『トラウマ映画館』<集英社>、関根忠郎の『関根忠郎の映画惹句術』<徳間書店>、白鳥あかねの『スクリプターはストリッパーではありません』<国書刊行会>、藤野可織の『爪と目』<新潮社>、岩井三四二の『とまどい本能寺の変』<PHP>を新たに借りる。


 帰宅後、テノールのイアン・ボストリッジがジュリアス・ドレイクのピアノ伴奏で歌ったシューベルトの歌曲集<EMI>やロジャー・ノリントン指揮ロンドン・クラシカル・プレイヤーズ他が演奏したベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」<同>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『カルデモンメのゆかいなどろぼうたち』をさらったり、『トラウマ映画館』を読み始めたりする。
 『トラウマ映画館』は、町山智浩が「トラウマ」を残すほど衝撃を受けた怪作奇作について詳述した一冊。
 面白し面白し。


 19時頃外出し、仕事関係の用件を片付けてから錦湯さんへ。
 月亭太遊さんのネオラクゴ企画、ネオラクゴ・フロンティアsection19を愉しむ。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。

 終了後、太遊さんを囲んでお話をしたりしたのち、諸々あって1時過ぎに帰宅する。
 二晩続けての午前様だ。
(話の途中でフィンランド産のリコリスというお菓子を口にしたが、これはとてつもなく不味かった。気持の悪い味。そのことで有名らしい。昔旧知の松田裕一郎さんの部屋ですき焼きパーティーをやった際に飲まされた北朝鮮のドリンクもたいがいだったが、これはもう最低だ)


 以上、2月16日の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック