2015年02月10日

予定をすませた一日(CLACLA日記)

 どんよりとした感じはありつつも、青空の見えるお天気。

 気温は若干上昇したか。
 それでも、まだまだ寒さは厳しいが。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザにはお気をつけくださいね。


 民法の大規模な改定(正)が進められている。
 いろいろと考えることあり。


 昨夜、菊池清麿の『評伝古関裕而』<彩流社>を読了し、岡照雄の『官僚ピープス氏の生活と意見』<みすず書房>を読み始める。
 『官僚ピープス氏の生活と意見』は、興味深い日記の執筆者として知られる17世紀イギリスの海軍官僚サミュエル・ピープスの官僚としての抜群の働きと、彼が生きた時代のイギリスの政治的動きについて考察した一冊だ。

 その後、4時半過ぎまで仕事関係の作業を進める。


 近所の建築作業が順調に進んでいる。
 今年もかまびすしくなりそうだ。


 午前午後と仕事関係の予定をすませる。

 その後、京都芸術センターで用件を片付け、夕飯用の買い物をして18時40分に帰宅した。


 夕飯後、テノールのイアン・ボストリッジがジュリアス・ドレイクのピアノ伴奏で歌ったシューベルトの歌曲集<EMI>を聴いたりしながら、『千春日和』の作業を進めたり、『カルデモンメのゆかいなどろぼうたち』をさらったり、『官僚ピープス氏の生活と意見』を読み進めたりする。
 ボストリッジは精神的な意味でもどこか不安定な雰囲気を持った歌唱だが、それがまたシューベルトの音楽世界とよく合っているようにも思える。
 何度聴いても聴き飽きないCDだ。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 応援することと介入することは断じて違う。
 いかにバランスよく、その線引きを行うか。
 自省あるのみだ。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック