2015年02月03日

節分の日(CLACLA日記)

 節分の日。
 まずは、自らの心のうちの鬼をなんとかしたいものだ。
 もちろん、怒りや憤りを全てなくしたいと思っているわけではないけれど。


 青空は見えつつも、どんよりとした感じの強いお天気。
 雨も降る。

 気温は上昇せず、厳しい寒さが続く。
 寒い寒い寒い寒い。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザにはお気をつけくださいね。


 サッカー日本代表のアギーレ監督が八百長問題で解任された。
 が、サッカーの試合の八百長など、日々繰り返されている八百長猿芝居に比べれば本当に平和なものだと思わざるをえない。


 イタリア出身で、フランスに帰化したピアニスト、アルド・チッコリーニが亡くなった。89歳。
 ナポリに生まれ、ロン・ティボー国際コンクール(1949年)に優勝し、フランスを中心に演奏活動を繰り広げた。
 EMIレーベルからリリースされたアナログ、デジタルの二度にわたるサティのピアノ曲全集をはじめ、ドビュッシー(全集)、マスネ、セヴラックらフランスの作曲家やモーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、シューマン、リスト、アルベニス、ヤナーチェクと数多くの録音を遺した。
 特に晩年、度々日本を訪れ、今年も来日が予定されていた。
 深く、深く、深く、深く黙祷。


 昨夜、NHK・FMでラジオ深夜便を聴いたりしながら、4時40分過ぎまで仕事関係や『深雪またなん』の作業を進める。
 ラジオ深夜便では、特集でバーナード・ハーマン指揮ロンドン・フィルが演奏したドビュッシーの『月の光』の管弦楽編曲版を聴くことができたのが収穫だった。
 院生時代の友人がとても好んで聴いていた録音で、儚げな雰囲気をためた淡い美しさに満ちた演奏である。
(『月の光』が収められた「フランス印象派の響き」というタイトルのアルバムは、1993年に国内盤が発売されたほかはオリジナルの形でCD化されていないようだ。なんとか再発されないものか)


 午前中、仕事関係の予定をすませる。


 ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』や、フィルハーモニック・アンサンブル・ウィーンが演奏した『フィルハーモニック・アンサンブル・ウィーン』<ドイツ・グラモフォン>(2回)を聴いたりしながら、仕事関係や『深雪またなん』の作業を進めたり、文書類の整理を行ったり、瀬原義生先生の『皇帝カール五世とその時代』<文理閣>を読み進めたりする。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。
 節分ということで、壬生界隈が混雑していた。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、昨年のルツェルン音楽祭におけるマリス・ヤンソンス指揮ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団のコンサートのライヴ録音(2014年9月4日、ルツェルン文化会議センター)を聴く。
 ブラームスのハイドンの主題による変奏曲、ショスタコーヴィチの交響曲第1番、ラヴェルのピアノ協奏曲(ジャン・イヴ・ティボーデの独奏)と『ダフニスとクロエ』第2組曲が演奏されていた。


 仕事関係の予定をすませる。

 その後、『フィルハーモニック・アンサンブル・ウィーン』を聴きながら、『深雪またなん』の作業を進めたり、『皇帝カール五世とその時代』を読み進めたりする。


 今日は、ローソン・マート(山崎製パン)のうずまきデニッシュ(ミルク&チョコクリーム)を食す。
 ミルクとチョコクリームののった渦巻型のデニッシュ生地のパンで、まあまあ美味しうございました。
 壬生のローソンストア100で、50円引きだったもの。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック