2015年01月27日

花粉が飛び始めているのか(CLACLA日記) CLA

 どんよりとした感じのお天気。
 青空は見えたものの、小雨もぱらついていた。

 はじめ気温は上昇していたが、その後徐々に下がりだし冷え込む。
 明日は寒さが厳しくなると。
 寒暖の差が激しいので、皆さんくれぐれも風邪やインフルエンザにはお気をつけくださいね。


 きな臭く胡散臭い状況が続く。
 八百長茶番の目くらましに、だまされないようにしないと。


 昨夜、4時半頃まで仕事関係の作業を進める。


 気圧と湿度に加え、花粉も飛び始めているのか、頭と身体が重たし。
 やれやれ。


 朝9時台、灯油巡回販売車の「雪やこんこ」という呼び声が異様にかまびすしかった。
 うっとうしいったらありゃしない。
 度し難し。


 午前午後と、ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』や、youtubeにアップされたラモン・ガンバ指揮ガリシア交響楽団が演奏したメンデルスゾーンの交響曲第3番「スコットランド」のライヴ録音(2014年10月21日、ラ・コルーニャ パラシオ・デ・ラ・オペラ)、デヴィッド・ジンマン指揮チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団が演奏したシューベルトの交響曲第7番「未完成」他と交響曲第8番「ザ・グレート」<ともにRCA>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『カルデモンメのゆかいなどろぼうたち』をさらったり、飯田洋介の『ビスマルク』<中公新書>を読み進めたりする。


 17時過ぎに外出し、仕事関係の用件を片付ける。
 で、ついでに、お米(10キロ)を買ったりして18時過ぎに帰宅した。


 帰宅後、ヴァンニ・モレット指揮アタランタ・フーギエンスが演奏したフランチェスコ・ザッパの6つの交響曲集<ドイツ・ハルモニアムンディ>を聴く。


 途中夕飯を挟み、NHKラジオ第1の『夏木マリ 丈夫も芸のうち』(森山良子がゲスト)と『みうらじゅんのサントラくん』、チョン・ミュンフン指揮ウィーン・フィルが演奏したドヴォルザークの交響曲第6番&第8番<ドイツ・グラモフォン>を続けて聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進める。


 『ビスマルク』を読了する。
 「神話」に寄った尊敬崇拝でもなく、ナチス・ドイツと結び付けての非難攻撃でもなく、史資料に基づいたバランスのよい考察で、学ぶところ大だった。


 今日は、甘いものは食さず。
 我慢我慢。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック