2015年01月17日

阪神大震災から20年 お芝居の稽古に参加した(CLACLA日記)

 阪神大震災から20年が経った。
 犠牲となられた全ての方々に、深く、深く、深く、深く、深く黙祷を捧げます。
 そして、いろいろと考える。
 この20年間などについても。


 小雨、小雪が降るなどどんよりとしたお天気の一日。

 気温は下がり、寒さが厳しい。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザにはお気をつけくださいね。


 気圧と湿度のWパンチで、身体が重たし。
 やれやれ。


 昨夜、KBS京都でアルコ&ピースのオールナイトニッポンを聴いたりしながら、3時40分頃まで『千春日和』の筆入れを行ったり、『カルデモンメのゆかいなどろぼうたち』をさらったり、宮部みゆきの『ペテロの葬列』<文藝春秋>を読み進めたりする。


 朝早めに起きて、仕事関係の予定をすませる。


 それから京阪で深草まで移動し、龍谷大学深草学舎で『カルデモンメのゆかいなどろぼうたち』の稽古に参加する。
 今日は、浅田佳子先生によるダンスの稽古もあって、いつも以上に身体が疲れた。
 頑張らなくては。


 仕事関係の用件を片付けたあと19時頃いったん帰宅する。


 その後、再び仕事関係の予定をすませる。


 予定をすませたのち、NHK・FMの『クラシックの迷宮』(ベルリン留学時代の山田耕筰を特集)や、アルテミス・カルテットが演奏したベートーヴェンの弦楽4重奏曲第11番「セリオーソ」&第7番「ラズモフスキー第1番」<Virgin>を聴いたりしながら、『カルデモンメのゆかいなどろぼうたち』の稽古をさらったり、『千春日和』の筆入れと打ち直しを行ったり、『ペテロの葬列』を読み進めたりする。


 今日は、ヤマザキのメロンパンを食す。
 近くのドラックストアひかりで、半額引き、税込み51円だったもの。
 しっとりとした食感のオーソドックスなメロンパンで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック