2015年01月11日

三連休の二日目 今日もお芝居の稽古に参加した(CLACLA日記)

 世は三連休の二日目。


 青空は見えつつも、どんよりとしたお天気の一日。
 小雨もぱらつく。

 気温は上昇せず、寒さが厳しい。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザにはお気をつけくださいね。


 佐賀県知事選で、山口祥義候補が当選した。


 昨夜、KBS京都でオードリーのオールナイトニッポンを聴いたりしながら、3時半頃まで仕事関係の作業を進めたり、『カルデモンメのゆかいなどろぼうたち』の台本を読み込んだりする。


 朝早めに起きて、仕事関係の予定をすませる。


 連絡作業などを終えたのち、仕事関係の用件を片付けて京阪で深草へ。
 龍谷大学深草学舎で行われた、『カルデモンメのゆかいなどろぼうたち』の稽古に参加する。
 後半、演出の伏見武さんにみっちり鍛えられた。
 愉しい舞台、いい本番になるようもっともっと努めないと。

 稽古終了後、京阪で四条に戻って仕事関係の予定をすませ、京都芸術センターで用件を片付け、夕飯用の買い物をすませて18時過ぎに帰宅した。


 帰宅後、ネーメ・ヤルヴィ指揮フィルハーモニア管弦楽団が演奏したウェーバーの序曲集&ヒンデミットの『ウェーバーの主題による交響的変容』<CHANDOS>を聴いたりしながら、「三谷幸喜脚本の『オリエント急行殺人事件』の放映を前に」を投稿したり、雑件を片付けたりする。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ブラボー!オーケストラ』で、外山雄三指揮東京フィルによる「第60回 午後のコンサート」のライヴ録音(2014年6月29日、東京オペラシティ・コンサートホール)を聴く。
 ショスタコーヴィチの祝典序曲、ハチャトゥリヤンの『仮面舞踏会』からワルツ、カバレフスキーの『道化師』からプロローグ、無言劇、ギャロップ、シチェドリンの管弦楽のための組曲第1番「おちゃめなチャストゥシカ」、ストラヴィンスキーの『火の鳥』組曲という、外山雄三お得意のロシア(旧ソ連)物のプログラム。
 ただし、若干緩いというかおとなしめな演奏だった。
 まあ、外山さんのお歳を考えれば無理もないか。


 続けて、ウェーバー&ヒンデミットのCDを再び聴き、NHKラジオ第1のワクテカ・ラジオ学園サンデーを途中から聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『カルデモンメのゆかいなどろぼうたち』の稽古をさらったり、北村薫の『慶應本科と折口信夫』<文藝春秋>を読み進めたりする。


 今日は、稽古場で甘いものをいただいたほか、ローソンのふんわりロール(ミルク)を食す。
 六角のローソンストア100で、20円引きだったもの。
 おなじみモンテールの手巻きロールケーキ(2切れ)で、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック