2014年12月31日

まもなく2014年が終わる(CLACLA日記)

 まもなく2014年が終わる。
 それにしても、今年ほど慌ただしい年末もなかったのではないか。
 あっという間に大晦日になってしまった。
 来年は、もっと一日一日を大切にして、為すべきこと為したいことをしっかり為していきたいと思う。
 そして、死を忘れないこと。


 こうした状況だからこそ、自分自身に近いところを大切にしていかなければ。
 近きより。


 晴天から雨へ。
 風も吹き始める。

 気温も下がり、寒さが厳しい。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザにはお気をつけくださいね。


 昨夜、村田喜代子の『ゆうじょこう』<新潮社>を読了する。

 その後、NHKのラジオ深夜便を聴いたりしながら、4時半頃まで仕事関係の作業を進める。


 午前午後と、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも水曜日』や、ニコラウス・アーノンクール指揮ヨーロッパ室内管弦楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第9番「合唱つき」<TELDEC>、ルドルフ・ケンペ指揮シュターツカペレ・ドレスデンが演奏したリヒャルト・シュトラウスの交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』&『死と変容』、『ばらの騎士』組曲、『カプリッチョ』から「月の光の音楽」<WARNER>を聴いたりしながら、大掃除を行ったり、今年の創作活動について振り返ったり、『カルデモンメのゆかいなどろぼうたち』の台本を読んだり、アンリ・イスランの『第一次世界大戦の終焉』<中央公論新社>を読み始めたりする。
 今年は、第一次世界大戦の開戦からちょうど100年目だったのだ。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 夕飯後、ケンペ指揮シュターツカペレ・ドレスデン他が演奏したリヒャルト・シュトラウスのホルン協奏曲第1番&第2番他、交響的幻想曲『イタリアから』、交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』&『ドン・ファン』、「月の光の音楽」(何度も)<WARNER>を聴いたりしながら、『第一次世界大戦の終焉』を読み進めたり、仕事関係の作業を進めたりする。


 今年最後の甘いものは、ドンレミーのベイクドチーズタルト。
 近くのドラッグランドひかりで、半額引き、税込み54円だったもの。
 チーズの風味が濃厚なタルトで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 皆さん、今年も一年間本当にありがとうございます。
 来年も何とぞよろしくお願い申し上げます。
 明日がいい日でありますように!
 そして、2015年がいい年でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック