2014年12月23日

お昼間作業を進め、夜はネオラクゴ・フロンティアに出かけた(深夜のCLACLA)

 どんよりとした感じはありつつも、青空の見えた一日。

 気温は上昇せず、寒さが厳しい。
 寒い寒い寒い寒い。
 皆さん、くれぐれも風邪にはお気をつけくださいね。


 昨夜、4時半過ぎまで仕事関係の作業を進めたり、『深雪またなん』の読み直しを行ったりする。


 午前中、仕事関係の予定をすませる。


 その後、毎週恒例の洗濯を行う。
 思ったよりも乾きがよかった。
 ああ、すっきりした!


 ラルキブデッリが演奏したシューベルトの弦楽4重奏曲第10番&弦楽3重奏曲第1番、第2番<SONY>、ミハイル・プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団が演奏したロシア序曲集<ドイツ・グラモフォン>を聴き、それぞれのCDレビューとクリストファー・ホグウッド指揮アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック他が演奏したテレマンの2重、3重協奏曲集<オワゾリール>のCDレビューをアップする。

 その後、パーヴォ・ヤルヴィ指揮ドイツ・カンマーフィルが演奏したベートーヴェンの交響曲第4番&第7番<RCA>も聴く。


 仕事関係の作業を進めたり、『ゆかいなどろぼうたち』の台本を読んだり、『音な湯』のコントをさらったりする。


 中島京子の『パスティス』<筑摩書房>を読了し、三谷幸喜の『清須会議』<幻冬舎>を読み始める。


 夕方になって外出し、仕事関係の用件を片付け、大垣書店四条店で『ぶらあぼ』1月号を入手したのち、錦湯へ。
 月亭太遊さんのネタおろし会、ネオラクゴ・フロンティアsection12を観聴きする。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。

 終了後、打ち上げにも参加し、23時半過ぎに帰宅する。
 ああ、面白かった!


 以上、12月22日の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック