2014年12月19日

作業に努めた一日(CLACLA日記)

 晴天へ。
 青空の見えた一日。

 気温は今日も上昇せず、寒さがとてつもなく厳しくとてつもなく激しい。
 寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザにはお気をつけくださいね。


 理研によるSTAP細胞に関する検証実験が打ち切られることとなった。
 いろいろと考えることあり。


 俳優の稲野和子が亡くなった。79歳。
 文学座に所属して舞台で活躍するとともに、映画やテレビドラマにも数多く出演した。
 映画では、中平康監督の『砂の上の植物群』や吉田喜重監督の『エロス+虐殺』を挙げるべきか。
 大きな瞳とぬめっとした感じが強く印象に残る。
 なお、夫は演出家・脚本家で今は亡き福田陽一郎。
 深く、深く、深く黙祷。


 昨夜、KBS京都で岡村隆史のオールナイトニッポンを聴いたりしながら、4時半頃まで仕事関係の作業を進める。


 KBS京都の『妹尾和夫のパラダイスkyoto』を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進める。


 テオドール・クルレンツィス指揮ムジカ・エテルナ他が演奏したモーツァルトの歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』<SONY/BMG>第2幕の後半部分を聴き、CDレビューをアップする。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。


 ラルキブデッリが演奏したシューベルトの弦楽4重奏曲第10番&弦楽3重奏曲集<SONY>、クリストファー・ホグウッド指揮アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック他が演奏したテレマンの協奏曲集<オワゾリール>、ミハイル・プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団が演奏したロシア序曲集<ドイツ・グラモフォン>を聴いたりしながら、『深雪またなん』の筆入れと打ち直しを進めたり、『音な湯』のコントをさらったり、『ゆかいなどろぼうたち』の台本を読んだりする。


 永田俊也の『星になるには早すぎる』<文藝春秋>を読了する。
 ある出来事から刑事を辞め、ネゴ屋に転じた一ノ木薫を主人公とした書き下ろし作品集。
 薫と交渉の対象となった人物たちのやり取りがぐいぐい読ませる。
 ああ、面白かった!


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、マンフレート・ホーネック指揮ハンブルクNDR交響楽団のコンサートのライヴ録音(2014年10月19日、ハンブルク・ライスハレ)を聴く。
 マルティン・ヘルムヘンを独奏に迎えたモーツァルトのピアノ協奏曲第25番と、リヒャルト・シュトラウスの交響詩『死と変容』&『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』が演奏されていた。

 続けて、ロシア序曲集とテレマンの協奏曲集を聴く。


 夕飯後、中島京子の『パスティス』<筑摩書房>を読み始めたり、『深雪またなん』の筆入れと打ち直しを進めたり、『ゆかいなどろぼうたち』の台本を読んだり、『音な湯』のコントをさらったりする。
 『パスティス』は、パスティーシュ・スタイルの短い小説を集めた一冊。
 面白し面白し。


 今日は、クレープを食す。
 壬生のローソンストアで、50円引きだったもの。
 バナナとカスタードクリーム、チョコレートソースを包み、アーモンドスライスをトッピングしたクレープで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック