2014年12月16日

部屋で作業を進めた一日(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気の一日。
 雨も降る。

 気温は上昇せず、寒さがとても厳しい。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザにはお気をつけくださいね。


 案の定というか、憲法改正がどうのこうのと安倍首相あたりがかまびすしい。
 そして、そのうち必ず徴兵制に関しても取り沙汰されてくるだろう。
 一方で、来年度から介護報酬の引き下げの方針という(消費税の税率の据え置きを理由とするのだろうが)。
 こうした状況とどう向き合っていくのか、どう対峙していくのか。
 普段の不断の努力が本当に大切だと痛感する。


 昨夜、クリストファー・ホグウッド指揮アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック他が演奏したテレマンの協奏曲集<オワゾリール>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、4時過ぎまで仕事関係の作業を進める。


 午前午後と、ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』や、ミハイル・プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団が演奏したロシア序曲集<ドイツ・グラモフォン>、ラルキブデッリが演奏したシューベルトの弦楽4重奏曲第10番&弦楽3重奏曲集<SONY>、テレマンの協奏曲集を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『深雪またなん』のプリントアウトを行ったり、『音な湯』の準備を行ったり、『ゆかいなどろぼうたち』の台本を読んだり、彩瀬まるの『あのひとは蜘蛛を潰せない』<新潮社>を読み始めたりする。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、アンドリス・ネルソンス指揮ケルンWDR交響楽団のコンサートのライヴ録音(2014年6月11日、エッセン・フィルハーモニー アルフリート・クルップザール)を聴く。
 リヒャルト・シュトラウスの生誕150年を記念したコンサートで、『影のない女』による交響的幻想曲、ブルレスケ(マルク・アンドレ・アムランのピアノ独奏)、家庭交響曲が演奏されていた。

 続けて、NHKラジオ第1で『みうらじゅんのサントラくん』を聴く。
 今年最後の放送で、ちょっととっちらかった感じもあったけど、それもらしくて良きかな。

 さらに、ロシア序曲集を聴く。


 夕飯後、『音な湯』の準備をしたり、『深雪またなん』の筆入れと打ち直しを行ったりする。


 今日も、豊島屋の鳩サブレを食す。
 実家からの荷物に入っていたもの。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック