2014年12月14日

稽古はお休み お芝居を観た(CLACLA日記)

 どんよりとした感じはありつつも、青空の見えるお天気。

 気温はぐっと下がり、寒さがとても厳しい。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザにはお気をつけくださいね。


 明日は衆議院選挙の投票日だ。
 翼賛選挙もかくやと思わせる選挙戦で、いろいろと考えることはあるが、それでも自分自身にとっての最善の選択を行いたい。
 諦めることは、手を貸すことだ。


 昨夜、KBS京都でアルコ&ピースのオールナイトニッポンを聴いたりしながら、4時過ぎまで仕事関係の作業を進める。


 午前中、実家から荷物が届く。
 本当にありがたい。
 多謝。


 アンドリュー・デイヴィス指揮BBCフィルが演奏したヨーク・ボーウェンの交響曲第1番&第2番<CHANDOS>、マティアス・バーメルト指揮ロンドン・フィルが演奏したパリーの交響曲第5番他<同>、デヴィッド・ロイド=ジョーンズ指揮ロイヤル・バレエ・シンフォニア他が演奏したデヴィッド・ライオンの管弦楽作品集<MARCO POLO>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたり、西村賢太の『ヤマイダレの歌』<新潮社>を読み進めたりする。


 17時台に外出し、仕事関係の用件を片付けたのち、スペース・イサンに。
 katacotts 第4回公演『料理昇降機(The Dumb Waiter)』(ハロルド・ピンター作、戸谷彩さん演出)を観る。
 詳しくは、前回の記事をご参照ほど。

 開演前終演後、関係各氏と話をする。


 終演後、仕事関係の用件を片付け、夕飯用の買い物をすませて、21時半過ぎに帰宅した。


 遅めの夕飯後、NHK・FMの『クラシックの迷宮』を途中からと、ミハイル・プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団が演奏したロシア序曲集<ドイツ・グラモフォン>を聴いたりしながら、観劇記録の準備をしたり、仕事関係の作業を進めたりする。


 今日は、実家からの荷物に入っていた鳩サブレを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 以上、12月13日の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
posted by figarok492na at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | CLACLA日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック